夏のキグナス 三軒茶屋星座館

文芸(単行本)
ナツノキグナスサンゲンシヂャヤセイザカン
夏のキグナス 三軒茶屋星座館
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

夏が訪れ、路地裏に佇むプラネタリウムにさらに騒々しい面々がやってくる! 店主の和真、弟の創馬に美少女・月子。”親子3人”の哀しくも大切な過去が、少しずつ明かされていく。黄道12星座の蟹座、獅子座、乙女座に、白鳥座、物語のキーとなるヘラクレス座。夏の星座の物語は、どこまでも熱く、激しく、そして愛しい。好きな人と夜空を見上げたくなる――人生讃歌エンタメ小説、待望の第2弾!


夏が訪れ、路地裏に佇むプラネタリウムにさらに騒々しい面々がやってくる!
店主の和真、弟の創馬に美少女・月子。”親子3人”の暮らしに熱風のごとく乱入する、和真に恋する謎の美女。
そして、家族の秘密の鍵を握る女性の存在が、哀しくも大切な過去を、少しずつひもといていく。

黄道12星座の蟹座、獅子座、乙女座に、白鳥座、物語のキーとなるヘラクレス座。
夏の星座の物語は、どこまでも熱く、激しく、そして愛しい。
好きな人と夜空を見上げたくなる――人生讃歌エンタメ小説、待望の第2弾!


まったく新しく、どこか懐かしい、「三軒茶屋星座館」はこんな小説です!

その1.ギリシャ神話の「超訳」が彩る、私たちの物語
星座館で和真が語るのは、よそでは絶対に聞けない、バカで不器用で欲深い、どうしようもなく人間くさい神々の姿。
大胆な現代版アレンジで、楽しく簡単に神話が学べます!

その2.現代家族の在り方を問う、新しい「絆」の物語
星座館では別々に育った双子の兄弟と、血のつながりのない娘がともに暮らします。
そして様々な事情を抱えた常連たちが集う。疑似家族としての「絆」を作っていきます!

その3.都会であり下町でもある、実在する街の物語
物語には、実在する場所や店が数多く登場。
その風景を思い浮かべながら、または知らない街を旅するような、街と密接に結びつく新しい小説の楽しみ方が味わえます!

目次

  • 白鳥座
  • ヘラクレス座
  • 蟹座
  • 獅子座
  • 乙女座

製品情報

製品名 夏のキグナス 三軒茶屋星座館
著者名 著:柴崎 竜人
発売日 2014年08月27日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-219085-5
判型 四六変型
ページ数 306ページ

著者紹介

著:柴崎 竜人(シバザキ リュウト)

1976年、東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。東京三菱銀行退行後、バーテンダー、コンセプトプランナーなどを経て、作家デビュー。映画「未来予想図 ~ア・イ・シ・テ・ルのサイン~」、ドラマ「レンアイカンソク」など脚本も多数手掛ける。
2013年12月、地元・三軒茶屋を舞台にした人生讃歌エンターテインメント小説『三軒茶屋星座館』が大きな話題を呼んだ。同書はシリーズ第2弾。