泣いたの、バレた?

文芸(単行本)
ナイタノバレタ
泣いたの、バレた?
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

涙大賞は、真央ちゃん? オボちゃん? それとも、ののちゃん? 
涙は女の武器だけど、男にも捨て身の涙がある――。
いずれにせよ、泣いた後が問題だ……すべてをチャラにできますか!?
週刊現代人気連載第9弾!

少子化対策のカギはAKB!? (「生殖手帳」か、「恋愛禁止」か?)
活字で「セックス」の効用とは? (中高年のセックスブーム)
朝ドラヒロインにみる「女の武器」 (おしんちゃんと、アキちゃん)
「半沢直樹」は現代の仇討ち物語 (討ち入りの季節ですね)
被災地の書店員達の熱気に触れる (東北の書店にて)
女の涙の見極め方教えます (泣く女)  ……笑いと涙の全48篇!

目次

  • 群れる人、離れる人
  • 東北に、来てくれました
  • プチ断食の効果とは?
  • キリギリスの健康管理
  • 遊女のかなしみ
  • 「生殖手帳」か、「恋愛禁止」か?
  • 生きてる魚、死んでる魚
  • ハワイとハワイアンズ
  • 中高年のセックスブーム
  • 民謡のインタラクティブ性
  • 安藤美姫は少子化に“効く”か?
  • 靴を脱ぎたい!
  • 近まさりする人、夜まさりする人
  • 東海道を、鉄道で
  • 連絡無い日々
  • おしんちゃんと、アキちゃん
  • やっぱり辛抱
  • 覗き見にしか、ときめかない
  • 人生最後のお相手
  • 前川清リスペクト!
  • W浅野、フォーエバー?
  • 親同伴の同窓会
  • ピーナッツとアンパン
  • 嫁と愛人と白トリュフ
  • 道の駅、鉄の駅
  • 楽天日本一は誰のおかげ?
  • ムコとシュウトの間には
  • 討ち入りの季節ですね
  • 葉っぱはいいなぁ……
  • 育てるなら、どっち?
  • 和食は大変
  • 丙午より、愛を込めて
  • あの人の自信の源は?
  • 中年紅白鑑賞法
  • ヤンキー登場……か?
  • 男は外、女は家?
  • 海苔巻きとチョコレート
  • 金メダルを取れない理由
  • 芝居の舞台、スポーツの舞台
  • 東北の書店にて
  • ローリング・ストーンズとシワ
  • みっちり世代とスカスカ世代
  • この世からのお引っ越し
  • さる業界の面接
  • 三陸鉄道、全線開通の日
  • 泣く女
  • ユーミンとキョンキョンの共通点
  • モテ男が遺すもの
  • あとがき

製品情報

製品名 泣いたの、バレた?
著者名 著:酒井 順子
発売日 2014年08月21日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-219084-8
判型 四六
ページ数 224ページ
初出 週刊現代 2013年5月11・18日合併号~2014年5月31日号 ※連載より48本を掲載。

著者紹介

著:酒井 順子(サカイ ジュンコ)

1966年東京生まれ。2003年、『負け犬の遠吠え』で婦人公論文芸賞、講談社エッセイ賞をダブル受賞。近著に『この年齢だった!』『下に見る人』『地下旅!』『泡沫日記』『ユーミンの罪』『地震と独身』『女を観る歌舞伎』など。本書は、『そんなに、変わった?』に続き、週刊現代の人気連載シリーズをまとめたものである。