パリ、この愛しい人たち

パリコノイトシイヒトタチ
  • 電子あり
パリ、この愛しい人たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

彼と彼女が教えてくれた、タフでしなやかな生き方。パリ暮らし15年目のエッセイ。二児の母となり奮闘する日々。パリの日常で出会う、忘れ得ぬ情景(シーン)。たくましく美しい女性の生き方、いつまでも艶やかな男女の関係、健気で切ない子どもたち。そんな街と人々から学んだ大切なこと。


彼と彼女が教えてくれた、
タフでしなやかな生き方。
パリ暮らし15年目のエッセイ。

二児の母となり奮闘する日々。
パリの日常で出会う、忘れ得ぬ情景(シーン)。

たくましく美しい女性の生き方、
いつまでも艶やかな男女の関係、
健気で切ない子どもたち。

そんな街と人々から学んだ大切なこと。
<目次>
Scene1 この女性(ひと)の輝き
Scene2 切なく、美しいシーン
Scene3 誰かを想うとき
Scene4: しなやかに、そして強く

目次

  • 彼と彼女が教えてくれた、
  • タフでしなやかな生き方。
  • パリ暮らし15年目のエッセイ。
  • 二児の母となり奮闘する日々。
  • パリの日常で出会う、忘れ得ぬ情景(シーン)。
  • たくましく美しい女性の生き方、
  • いつまでも艶やかな男女の関係、
  • 健気で切ない子どもたち。
  • そんな街と人々から学んだ大切なこと。
  • <目次>
  • Scene1 この女性(ひと)の輝き
  • Scene2 切なく、美しいシーン
  • Scene3 誰かを想うとき
  • Scene4: しなやかに、そして強く

製品情報

製品名 パリ、この愛しい人たち
著者名 著:雨宮 塔子
発売日 2014年07月23日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-219061-9
判型 四六
ページ数 176ページ
初出 『Grazia』連載「瞼のパリ 忘れ得ぬ私的名場面」(2012年5月号~2013年8月号)に書きおろしを加えたもの。

著者紹介

著:雨宮 塔子(アメミヤ トウコ)

1970年東京都生まれ。フリーキャスター、エッセイスト。成城大学卒業後、TBSに入社。99年退社後、単身パリに遊学。フランス語、西洋美術史を学ぶ。2002年に結婚、現在一男一女の母。著書に『金曜日のパリ』『それからのパリ』『小さなパリジェンヌ』『雨上がりのパリ』『パリごはん』『パリ アート散歩』『パリのmatureな女たち』などがある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る