朗らかに笑え ユーモア小説のパイオニア 佐々木邦とその時代

ホガラカニワラエユーモアショウセツノパイオニアササキクニトソノジダイ
  • 電子あり
朗らかに笑え ユーモア小説のパイオニア 佐々木邦とその時代
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

中島京子『小さいおうち』は、直木賞を受賞し、映画化されればベルリン映画祭で主演女優賞をとった快作である。そこに描かれる昭和初期、家庭では雑誌が娯楽の中心だった頃、若きも老いも連載を心まちにしていた作家が、佐々木邦。
夏目漱石とまた違った意味での、日本におけるユーモア作家のパイオニアだった。
本年は『少年倶楽部』が創刊されてから百年にあたる。同誌の看板作家として、そして講談社の全雑誌に連載をもち、かつ講談社がはじめて出した個人全集も彼だった。
人気を博した邦を回顧する作家は多い。丸谷才一は、亡くなる直前に連載をはじめたエッセイ「男の小説」(『オール読物』)の第1回 で、邦を取り上げ、「ユーモア小説の第一人者。探偵小説における江戸川乱歩のやうな存在」と書いたし、池波正太郎は、「佐々木邦の小説によって、子供の私たちは第一級のユーモア感覚を養われた」と評した。哲学者の鶴見俊輔も、「長谷川町子の作品は、昭和前期の佐々木邦のユーモア小説の作品をつぐもの」とサザエさんを分析している。
その佐々木邦が没して、今年で50年。戦前のベストセラー作家は、英語に通じ、大学で教壇に立ち、マーク・トゥエインを愛した。創作の基本は秀でた英語力と欧米からの知識。それには父親の影響が大きかった。父・林蔵は、沼津の大工。ひょんなことから明治憲法発布前に建てられた、初代の国会議事堂建設の職工養成員に選ばれ、明治の半ばドイツへ三年間の修行の旅に出る。森鴎外が滞在していたときに重なる。そんなことから佐々木家には洋風の血が流れはじめたのか。
邦の孫、林蔵の曾孫の著者が、秘蔵の資料から忘れられた流行作家の足跡をたどる。

目次

  • 第1章 明治19年の壮大なプロジェクト
  • 第2章 負けない男・林蔵
  • 第3章 伯林の3年間
  • 第4章  帝国議会議事堂
  • 第5章  青天の霹靂
  • 第6章  胎動
  • 第7章  邦の青春
  • 第8章  作家の支度
  • 第9章  ユーモア作家の誕生
  • 第10章 家族
  • 第11章 邦と戦争
  • 第12章 老いらくの恋

製品情報

製品名 朗らかに笑え ユーモア小説のパイオニア 佐々木邦とその時代
著者名 著:松井 和男
発売日 2014年07月18日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-219049-7
判型 四六
ページ数 272ページ

著者紹介

著:松井 和男(マツイ カズオ)

テレビ・ディレクター。1947年東京都出身。1070年立教大学経済学部卒業。テレビ番組の制作に携わる。
主な作品に、ギャラクシー賞を受賞した『平とみ 母なる言葉・沖縄口』、高柳記念企画賞受賞の『人類よ、宇宙人になれ~立花隆vs.小学生』(以上、NHK)
のほか、『司馬遼太郎「アメリカ素描」を行く』(NHK)、『新世界紀行』(TBS)、『明日の世界と日本』(NTV)、『私の履歴書』(テレビ東京)など多数。本書の主人公、佐々木邦の孫、林蔵の曾孫にあたる。

オンライン書店で見る