赤毛のアン

アカゲノアン
赤毛のアン
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 りんごの白い花が満開の美しいプリンスエドワード島にやってきた、赤毛の孤児の女の子。夢見がちで、おしゃべり、愛情たっぷりのアンが、大まじめで巻きおこすおかしな騒動で、だれもが幸せに--。
 100年を超えて、世界中で愛されている女の子、アンとあなたも「腹心の友」になって!
 
 おばあちゃんも、お母さんも子どものころに読んだ村岡花子さんの名訳を、いまの子どもたちに向けて、クラシカルな装丁でお届けします。
 この愛蔵版は、60年代より講談社から出版され、人気を博した青紫の装丁の児童版「赤毛のアン」シリーズが底本になっており、一般向けとは異なる抄訳です。
 
 また、本文の挿絵は、現在もっとも子どもたちに人気のある青い鳥文庫「赤毛のアン」シリーズを手がけているHACCAN氏の絵をそのまま収録しています。

 本として美しい形、デザインをいまの子どもたちにも手にとってもらえる機会を、という願いを込めて作りました。
 読んでくれた子どもたちの記憶にのこる1冊になりますように。 

<小学中級以上・総ルビ>

*この愛蔵版の底本は、児童文庫、講談社青い鳥文庫「赤毛のアン」です。
1960年代より、講談社から出版されていた児童向け「赤毛のアン」シリーズは、現在でも問い合わせの多い人気のシリーズです。
青い鳥文庫では、この村岡花子の手による配慮のいきとどいた児童版抄訳「赤毛のアン」を底本に、HACCANの美しい挿絵をいれ、現代の小中学生向けにもっとも人気の「赤毛のアン」シリーズとなっています。

製品情報

製品名 赤毛のアン
著者名 作:ルーシー.モード・モンゴメリ 訳:村岡 花子 絵:HACCAN
発売日 2014年05月23日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-218970-5
判型 新書
ページ数 370ページ

著者紹介

作:ルーシー.モード・モンゴメリ(ルーシー.モード・モンゴメリ)

●L.M.モンゴメリ
1874年カナダのプリンス・エドワード島に生まれる。1905年「赤毛のアン(Anne of Greengables)」を下記翳、1908年刊行、一躍人気作家になる。著作は「アン・シリーズ」10冊をふくめて21冊と詩集1冊がある。1942年逝去。

訳:村岡 花子(ムラオカ ハナコ)

●村岡花子(むらおか・はなこ)
1893年山梨県生まれ。東洋英和女学院高等科を卒業。1927年はじめての訳書「王子と乞食」を出版。「赤毛のアン」をはじめて日本に紹介した。訳書に「アン・シリーズ」、「エミリー」三部作など多数。1968年逝去。

絵:HACCAN(ハッカン)

●HACCAN(はっかん)
1978年北海道生まれ。ゲームは本などの挿絵を幅広く手がける。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス