ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦

ガマイヒンタチガモノガタルオキナワセン
  • 電子あり
ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

沖縄本島に無数あるガマ(壕)。戦後、その洞窟で遺骨を掘り続けている人々がいます。そこからは、学用品や日用品も掘り出されます。それは、アメリカ兵から身を隠して暮らし、爆弾や毒ガスを投げ込まれて息絶えた人々の存在を、いまに伝える痕跡なのです。そのなかから、「すずり」「目覚まし時計」「アルバム」をめぐる現在と過去の物語を描きます。モノたちから浮かび上がるのは、最期の瞬間まで人間であろうとした命の証です。


NHKラジオ深夜便で取り上げられた感動の書! 読売新聞(8/16夕刊)、沖縄タイムス(8/16)、中国新聞(8/15夕刊)、長崎新聞(8/17)、愛媛新聞(8/13)、静岡新聞(8/10)、西日本新聞(7/2)、神戸新聞(7/1)と各紙が続々紹介。

沖縄本島に無数あるガマ(壕)。戦後、何十年もの間、その洞窟に入って遺骨を掘り続ける人たちがいます。「沖縄の戦争は、まだ終わってはいない」と、戦禍を風化させない一心で、彼らはスタッフや費用の困難に向き合いながら、その作業を続けています。

そこから出土するものは、遺骨や銃器といった戦争に直接関係するものばかりではありません。学用品や日用品が、たくさん掘り出されています。それは、ガマのなかでアメリカ兵から身を隠して暮らし、ガマに爆弾や毒ガスを投げ込まれて息絶えた人々の存在を、生々しくいまに伝える痕跡なのです。

そのなかから、「すずり」「目覚まし時計」「アルバム」をめぐる現在と過去の物語を描きます。モノたちから浮かび上がってくるのは、運命的に助けられた命や最期の瞬間まで人間であろうとした命、そして、戦後何十年経ったあとで大切な家族の死に方に対面する人々の思いです。

ノンフィクションの手法で徹底取材したリアリティを、物語=フィクションのかたちで描きあげます。

目次

  • 地図 1945(昭和20)年 沖縄戦の戦闘の経緯
  • はじめに
  • 第一章 哲也の硯
  • 第二章 新太の目覚まし時計
  • 第三章 夏子のアルバム
  • おわりに
  • 沖縄戦関連史年表

製品情報

製品名 ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦
著者名 著:豊田 正義
発売日 2014年06月13日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-218962-0
判型 四六
ページ数 194ページ

著者紹介

著:豊田 正義(トヨダ マサヨシ)

1966(昭和41)年、東京都生まれ。早稲田大学第一文学部卒。ニューヨークの日系誌記者を経て、ノンフィクション作家に。著書に『消された一家―北九州・連続監禁殺人事件―』(新潮社)、『オーラの素顔 美輪明宏のいきかた』『独りぼっち 飯島愛36年の軌跡』(ともに講談社)。『妻と飛んだ特攻兵 8・19、満州最後の特攻』(角川書店)は『FRIDAY』での連載記事を基にした著者初の戦記ノンフィクション。

オンライン書店で見る