妖怪の弟はじめました

ヨウカイノオトウトハジメマシタ
  • 電子あり
妖怪の弟はじめました
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

遊川迅は小学校で一番足が速い。でも、ふつうの小学生だ。ひとつ上の風春は容姿端麗、完全無欠なお兄ちゃん。それでも、ふつうの小学生だと思ってた。妖怪がわんさか家に来るようになるまでは!


「こちらでございみゃすよ」
はっとして視線を下に向けると、迅のハーフパンツのふとももの上に、子猫ぐらいの大きさの〈なにか〉がいた。
頭でっかちで、おなかがぽこんと出ていて、手足がねずみのように細くて小さい。
「な、なに? え、まさか……妖怪?」
「ご名答でございみゃすー」



遊川迅は小学校で一番足が速い。
でも、ふつうの小学生だ。
ひとつ上の風春は容姿端麗、完全無欠なお兄ちゃん。
それでも、ふつうの小学生だと思ってた。
妖怪がわんさか家に来るようになるまでは!

製品情報

製品名 妖怪の弟はじめました
著者名 著:石川 宏千花 絵:イケダ ケイスケ
発売日 2014年07月11日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-218961-3
判型 四六
ページ数 160ページ

著者紹介

著:石川 宏千花(イシカワ ヒロチカ)

2008年、『ユリエルとグレン』で、第48回講談社児童文学新人賞佳作、日本児童文学者協会新人賞受賞。
著書に、『YA! アンソロジー 卒業』『お面屋たまよし』『お面屋たまよし 彼岸ノ祭』『お面屋たまよし 不穏ノ祭』『YA! アンソロジー 告白』『YA! アンソロジー エール』(以上、YA! ENTERTAINMENT)『超絶不運少女1~3』『天空町のクロネ 知りたがりの死神見習い』(以上、青い鳥文庫)アンソロジー『ひとりって、こわい!』『密話』(以上、講談社)アンソロジー『迷宮ヶ丘五丁目 瓶詰め男』(偕成社)。
ほかに、『わたしと友だちになってはいけない』(『日本児童文学』2011年3-4月号より2012年1-2月号まで連載)『電子仕掛けのラビリンス』(NHKオンライン内ネットコミュニケーション小説)がある。

オンライン書店で見る