本は死なない Amazonキンドル開発者が語る「読書の未来」

ホンハシナナイアマゾンキンドルカイハツシャガカタルドクショノミライ
本は死なない Amazonキンドル開発者が語る「読書の未来」
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「本」が大好きな人、「本」に携わる職業の人は必読です。以下は作者が本言及する予言の一部です。●2016年頃には、電子書籍が消費者全体の半数に普及する●家庭から本棚がなくなる●脳に直接訴えかけるような読書形態が生まれる●ハイパーリンクで世界中のすべての本がつながる●「読書用フェイスブック」が生まれる●映画や音楽も「1冊の本」の一部となる


初代キンドル開発者にして、電子書籍の基準を創った天才の独白。

紙の本をそのまま最初から読む時代(Reading 1.0)から、デジタルの特性を活かした電子書籍を堪能する時代( Reading 2.0)へのシフトは、単に読書の世界や出版業界のみならず、人間の思考や社会構造までも大きく変化させていく。
Amazonや GoogleでReading 2.0の土台を築いた人物が初めて明かした、
未来の世界像。

以下は作者が本書で言及する予言の一部です。

●2016年頃には、電子書籍が消費者全体の半数に普及する
●それぞれの本に専用の辞書が組み込まれる
●いずれは電子書籍の中古販売も実現する
●秘書機能が電子書籍に導入される
●電書は読者や作者が集まるチャット・ルームになる
●家庭から本棚がなくなる
●「本を所有する」という概念自体がなくなる
●読書は「娯楽を体験する」形に変わっていく
●脳に直接訴えかけるような読書形態が生まれる
●ハイパーリンクで世界中のすべての本がつながる
●「読書用フェイスブック」が生まれる
●映画や音楽も「1冊の本」の一部となる
●これからの作家にはデータ分析能力が求められる
●出版業界の構造が大きく変わり、販売店が力を持つ

目次

  • 1・本の歴史
  • 2・電子書籍の起源
  • 3・キンドルプロジェクトの始まり
  • 4・キンドル2、さらなる高みへ
  • 5・競争の始まり
  • 6・神経生物学からみた読書
  • 7・読書文化の存在意義
  • 8・つながりを深める本
  • 9・短命なテクノロジー
  • 10・電子書籍の普及学
  • 11・出版業界の革命的変化
  • 12・わが蔵書はクラウドへ
  • 13・グーグルが「読書用フェイスブック」になる日
  • 14・グローバル化
  • 15・変容する言語
  • 16・本と教育
  • 17・図書館の未来
  • 18・電子書籍リーダーの未来
  • 19・作家の未来
  • 20・文化のデジタル化
  • 21・読書は「廃れゆく技術」か
  • 22・最後のデジタル・フロンティア
  • おわりに

製品情報

製品名 本は死なない Amazonキンドル開発者が語る「読書の未来」
著者名 著:ジェイソン・マーコスキー 訳:浅川 佳秀
発売日 2014年06月19日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-218861-6
判型 四六
ページ数 314ページ

著者紹介

著:ジェイソン・マーコスキー(ジェイソン・マーコスキー)

Amazon社でKindle開発(第一、第二世代)の極秘プロジェクトに現場責任者の1人として携わる。プロダクト・マネージャー、エンジニアリング・マネージャー、プログラム・マネージャーなどを歴任した後、同社では初となるKindleのエバンジェリスト(伝道者)も務めている。
ニュージャージー出身。マサチューセッツ工科大学で理論数学とライティングを学んだ後、卒業後は小説執筆に打ち込む。2005年にアマゾンに入社、すぐにキンドル開発チームへ。アマゾンを退社後はグーグルのシニア・プロダクト・マネージャーに転身。2013年には新しいタイプの書籍検索サイト企業BookGenie451を設立、創業者兼CTOとして活動中。ITやEコマースの分野での職務経験は20年に及び、今日の電子書籍の発展に大きく貢献。
趣味はハンモックに揺られながらの読書。

訳:浅川 佳秀(アサカワ ヨシヒデ)

翻訳家。主な訳書に『サイバー・クライム』(講談社)ほか。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス