武人の本懐 FROM THE SEA 東日本大震災における海上自衛隊の活動記録

ブジンノホンカイフロムザシーヒガシニホンダイシンサイニオケルカイジョウジエイタイノカツドウキロク
  • 電子あり
武人の本懐 FROM THE SEA 東日本大震災における海上自衛隊の活動記録
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

震災後の初動、被災者の捜索と救援、そして福島第一原子力発電所冷却のための「オペレーション・アクア」。これらの指揮を実際に執ったトップによる、貴重な第一級の記録を完全書籍化! 「本書は、海上自衛隊の一指揮官が、東日本大震災に直面し、対処した、感銘深いヴィヴィッドな記録である」阿川弘之(作家)


あのとき、横須賀地方総監をつとめていた著者・高嶋海将。

14:46 地震発生。
14:52 「全可動艦艇は三陸沖に向かえ!」と大号令。
15:44 最初の護衛艦「さわゆき」が横須賀を出港。
16:14 「大規模災害派遣計画」を正式に発動。

この迅速な初動はいかにして可能になったのでしょう。
本著者の率いる横須賀地方総監部から、指揮所の移動を決断したためです。
まるまる1ヵ月の間、本著者は自衛艦隊司令部に移り、一元的に総兵力を
指揮することができました。

被災者の救援、物資の輸送、米軍との共同作戦……。
次々と課題をクリアしつつ、福島第一原発を冷却するための
「オペレーション・アクア」も始まります。
時間が迫る中、大型船に水を満載し、横須賀から小名浜まで曳航。
幾多の危険を乗り越え、このミッションは無事成功します。

二次災害を出さず、多くの成果を残せたのは、隊員1万6000人が
真摯に任務に取り組んだためでしょう。
本書は、トップが率先垂範してその記録を残すことで、数百年に
一度の経験を後世に伝えるアーカイブの先駆けとなるものです。

〈作家・阿川弘之氏推薦〉
「本書は、海上自衛隊の一指揮官が、東日本大震災に直面し、
対処した、感銘深いヴィヴィッドな記録である」

目次

  • 第一章 初動
  • 第二章 本格的な支援・救援活動
  • 第三章 生活支援・行方不明者の捜索
  • 第四章 福島第一原子力発電所
  •  オペレーション・アクア:真水作戦
  • 第五章 減勢
  • 終章

製品情報

製品名 武人の本懐 FROM THE SEA 東日本大震災における海上自衛隊の活動記録
著者名 著:高嶋 博視
発売日 2014年02月14日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-218837-1
判型 四六
ページ数 260ページ
初出 『水交』2013年5・6月合併号、盛夏号、清秋号、2014年新春号、陽春号

著者紹介

著:高嶋 博視(タカシマ ヒロミ)

高嶋博視(たかしま・ひろみ 海上自衛隊元横須賀地方総監)
昭和27年香川県生まれ。
昭和46年、香川県立三本松高等学校卒業(22回生)。
昭和50年、防衛大学校卒業 (第19期生)。
平成5年、在ノルウェー防衛駐在官。
平成13年、護衛艦隊司令部幕僚長(海将補)。
平成14年、第1護衛隊群司令(インド洋派遣:補給支援活動)。
平成16年、海上幕僚監部人事教育部長。
平成19年、護衛艦隊司令官(海将)。
平成20年、統合幕僚副長。
平成22年、横須賀地方総監(東日本大震災に従事)。
平成23年8月、退官。
現在、日本無線(株)顧問。

オンライン書店で見る