陰陽探偵・中津川玲子の14日間

オンミョウタンテイナカツガワレイコノジュウヨッカカン
  • 電子あり
陰陽探偵・中津川玲子の14日間
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

600年にわたって続く陰陽師の一族・中津川家の令嬢、中津川玲子。一流の霊能者で、しかもとびきりの美人ではあるものの、ワガママ放題に育った挙句のドSキャラで執事のオバラを困らせ続ける毎日を送っている。ある日、イケメン画家ルイスの依頼で除霊を行うことになった玲子。父の見よう見まねでテキトーに行った除霊により、とあるお札を剥がしてしまい、戦国時代の覇王・織田信長をはじめ非業の死を遂げた7人の戦国武将と、7つの大罪を現世に復活させてしまう。信長はなぜか玲子のスマホに憑依し、味方であることがわかるものの、残る武将たちがどんな復活を遂げているかは皆目見当がつかない。それでも14日間のうちに、ある「儀式」を行わないと日本が破滅してしまうと脅す信長。こうして陰陽探偵・中津川玲子の大活躍がはじまった――。

LINEの公式アカウント「LINE ノベル」第1弾として配信された話題作が新書判で登場!

製品情報

製品名 陰陽探偵・中津川玲子の14日間
著者名 著:眞邊 明人
発売日 2013年12月21日
価格 定価 : 本体1,000円(税別)
ISBN 978-4-06-218797-8
判型 新書
ページ数 320ページ

著者紹介

著:眞邊 明人(マナベ アキヒト)

1968年生まれ。同志社大学文学部卒。大手印刷会社勤務を経て97年に吉本興業入社。主に新規事業を手がけ年商20億を超えるビジネスに成長させる。2002年、吉本興業退社。その後はテレビドラマの監督など演出家として活躍し、新垣結衣や佐藤健のデビュー作を手がける。奇抜な演出方法と世界観には定評があり、即興芝居で闘う俳優のプロリーグ「アクトリーグ」などが話題に。今作が小説家としてのデビュー作。

おすすめの本

オンライン書店で見る