日本政治のウラのウラ 証言・政界50年

ニホンセイジノウラノウラ
著:森 喜朗 その他:田原 総一朗
  • 電子あり
日本政治のウラのウラ 証言・政界50年
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

永田町激震 圧巻の回顧録!岸信介、田中角栄、安倍晋太郎、三塚博、福田赳夫、三木武夫、金丸信、竹下登、中曽根康弘、小沢一郎、宮沢喜一、細川護煕、小泉純一郎、安倍晋三……知られざる秘話のすべて。政治とは何か? 交渉とは何か? 派閥とは何か? 日本政治史を書き換える歴史的証言。


永田町激震 圧巻の回顧録!

岸信介、田中角栄、安倍晋太郎、三塚博、福田赳夫、三木武夫、金丸信、竹下登、中曽根康弘、小沢一郎、宮沢喜一、細川護煕、小泉純一郎、安倍晋三……

日本政治史を書き換える一冊。政治とは何か? 交渉とは何か? 派閥とは何か? 盟友・田原に、腹を割って語った歴史的記録。

「ぼくは正直なところ、森さんがここまで話すとは思わなかった。この本にはすべてが詰まっている。政治家の交渉とはどういうものか、交渉で勝つ、あるいは負けるとはどういうことなのか、リアルに示されている。政治とは何か、政治家とは何か、ここまでわかる本はない」――田原総一朗

目次

  • はじめに 田原総一朗
  • 序章 オリンピック招致
  • 第一章 絶え間なく外交は続けられる――政界引退後
  • 第二章 代議士誕生
  • 第三章 角福戦争とは何だったか
  • 第四章 文教族
  • 第五章 野党転落から政権奪取へ
  • 第六章 総理大臣はかくして誕生した
  • 第七章 小泉純一郎から安倍晋三まで
  • 第八章 派閥政治とは何だったか
  • おわりに 森喜朗

製品情報

製品名 日本政治のウラのウラ 証言・政界50年
著者名 著:森 喜朗 その他:田原 総一朗
発売日 2013年12月10日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-218755-8
判型 四六
ページ数 346ページ

著者紹介

著:森 喜朗(モリ ヨシロウ)

もり・よしろう●1937年石川県生まれ。早稲田大学商学部卒業。産経新聞記者を経て1963年より議員秘書。1969年、衆議院議員初当選。以来、43年にわたって衆議院議員をつとめる。第85、86代内閣総理大臣。2012年、代議士引退。日本体育協会会長、日本ラグビー協会会長などを歴任。

その他:田原 総一朗(タハラ ソウイチロウ)

たはら・そういちろう●1934年滋賀県生まれ。早稲田大学文学部卒業。岩波映画製作所、東京12チャンネル(現・テレビ東京)を経て1977年フリーに。現在は政治・経済・メディア・コンピューター等、時代の最先端の問題をとらえ、活字と放送の両メディアにわたり精力的な評論活動を続けている。

オンライン書店で見る