猛毒中国ビジネス 中国人OLは見た!

チュウゴクジンオーエルハミタモウドクチュウゴクビジネス
  • 電子あり
猛毒中国ビジネス 中国人OLは見た!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本企業はなぜ中国市場で間違えるのか? 中国企業は巨額の富を稼ぐのに、現場ではバックマージン、賄賂、アイデア盗用など、ありとあらゆる不正がまかり通る。中国人でありながら日本の広告代理店の社員として前線で10年間働いてきた著者が暴露する、中国ビジネスの闇。


中国に進出した日本企業30年の歴史は、ただ「喰われる」ばかりだった?

本書は、日本の某中堅広告代理店で上海万博プロジェクトの最前線に立った
中国人女性が、自らの遭遇したショッキングな体験談を綴ったものです。

リーマン・ショックを乗り越えて過剰な自信を持つようになった中国では、
ノコノコやってきた外資などただの「アイディアを盗む」対象でしかありません。
ならばと現地において信頼できるコネを作ろうとしても、
「私は有力者と知り合いである」と自称する詐欺師に騙されるばかり。

たとえ中国人であっても、この中国ビジネスの現場では大きな苦労を
強いられたのです。

しかし、やられっぱなしでいるわけにはいきません。
強引な契約解除にどう抵抗するか、踏み倒しを奨励する中国企業から
いかに債権を回収するか。
著者の張さんは深い幻滅を味わいながらも奮闘し、結果的には破綻した
ビジネスであっても、一定の結果を残すことができました。

これは、これまでの日本人が中国など海外に抱いていた思い込みに
基づいていては、決して実現できない結果でもあったでしょう。

本書は豊富な実例から、中国のみならず海外ビジネスに関わる人間にとって
欠かせない教訓と基礎知識を伝授します。

中国に対して溜飲を下げるばかりではなく、「ではどうするのか」という
処方箋まで提案する、唯一無二の「中国本」の登場です。

目次

  • 序章 反日教育を受けた私は、日本国籍に帰化しました
  • 第1章 外資系企業は、カモですか?
  • 第2章 キラキラ「巨大市場」の闇
  • 第3章 「中国で稼ぐ」見果てぬ夢
  • 第4章 欲望に満ちた市場、果てしない孤独感
  • 第5章 契約のために、とにかく粘ります
  • 第6章 中国は、巨大工場ではなく、巨大買い手市場です
  • 第7章 自称「中国ビジネス通」の恐怖
  • 第8章 奈落
  • 第9章 さらばチャイニーズ・ドリーム
  • 第10章 何が中国の真実なのか?
  • 終章 ならばどう中国市場と付き合うべきか

製品情報

製品名 猛毒中国ビジネス 中国人OLは見た!
著者名 著:張 益羽
発売日 2014年01月08日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218753-4
判型 四六
ページ数 242ページ

著者紹介

著:張 益羽(チョウ マウ)

張益羽(チョウ・マウ、某中堅広告代理店勤務)
滞日歴12年。
上海の大学を卒業後、日本文部科学省国費留学生として来日。
表象文化を研究テーマとし、大学院修士課程を修了。
大学院在学期間中より国際会議等の通訳・翻訳、中国語講師等の仕事に関わり、2002年より現職。
さまざまな企業の中国マーケティング業務を経験し、上海万博などの大型イベントにも携わる。
日本企業と中国企業を両方担当してきた。
また、社内で初めて中国企業から日本円で億単位の入金を実現した。

オンライン書店で見る