忠臣蔵まで 「喧嘩」から見た日本人

チュウシングラマデケンカカラミタニホンジン
忠臣蔵まで 「喧嘩」から見た日本人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

江戸以前、武士とはどうしようもない暴力的存在(野蛮なかぶき者)だった。本書は時代をさかのぼり、戦国期の武士を貫く行動原理がどのようなものであり、太平の時代になっていかに危険なものとなったかを明らかにする。そして、じつに赤穂事件こそが復讐の論理を忠義の論理に切り替える(すり替える)という、真にアクロバティックな思想的転換であったことを示す。


 野口武彦氏にはすでに『忠臣蔵─赤穂事件・史実の肉声』(ちくま新書、現在はちくま学芸文庫)という傑作があります。そこでは事件の発端から終結まで、後世の潤色を取り去り、史料の叢から元禄の人間ドラマをよみがえらせました。
 しかし、それだけでいいのか。ここから著者の新たな追跡がはじまります。
 「後世の潤色」にはいろいろありますが、その最たるものは武士道というイデオロギーによるものです。忠義のベールに覆い隠された事件の本質はなんであり、それを取り去ったあとに残るものはなにか……。
 それは自力救済と復讐の論理であり、武士という存在のどうしようもない暴力性です。ガルシア=マルケスのひそみに倣えば、「忠臣蔵」とは「元禄の予告された殺人の記録」なのです。
 本書は時代をさかのぼり、主に戦国期の武士を貫く行動原理がどのようなものであり(野蛮であり、傾奇者であります)、太平の時代になり、権力にとっていかに危険なものとなったかを明らかにします。そして、じつに赤穂事件こそが復讐の論理を忠義の論理に切り替える(すり替える)という、じつにアクロバティックな思想的転換であったことを示します。

目次

  • 元禄時代を読みなおす
  • 意趣・鬱憤・赤面
  • 喧嘩という習俗
  • 喧嘩両成敗をさかのぼる
  • 川中島合戦
  • 甲陽軍艦と信玄家法
  • 長篠合戦の神話
  • 武士道の始原
  • 葉隠とその未生以前
  • 雑兵は語る
  • 刈田狼藉
  • 綱吉という男
  •                ほか

製品情報

製品名 忠臣蔵まで 「喧嘩」から見た日本人
著者名 著:野口 武彦
発売日 2013年12月11日
価格 定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-218674-2
判型 四六変型
ページ数 290ページ
初出 『小説現代』2008年2月号~2012年10月号に断続的に連載。単行本化にあたり、全面的に改稿、加筆している。

著者紹介

著:野口 武彦(ノグチ タケヒコ)

野口武彦(のぐち・たけひこ)
1937年東京生まれ。文芸評論家。早稲田大学文学部卒業。東京大学大学院博士課程中退。神戸大学文学部教授を退官後、著述に専念する。日本文学・日本思想史専攻。1973年、『谷崎潤一郎論』(中央公論社)で亀井勝一郎賞、1980年、『江戸の歴史家―歴史という名の毒』(ちくま学芸文庫)でサントリー学芸賞受賞。1986年、『「源氏物語」を江戸から読む』(講談社学術文庫)で芸術選奨文部大臣賞、1992年、『江戸の兵学思想』(中公文庫)で和辻哲郎文化賞、2003年、『幕末気分』(講談社文庫)で読売文学賞を受賞。著書多数。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス