みずうみの歌

文芸(単行本)
ミズウミノウタ
  • 電子あり
みずうみの歌
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「すべてはあの町から始まったのよね」母が最期に残した言葉の真意を知るため、独りになった少年は母の故郷を訪れる。手がかりは古いモノクロフィルムと未完の小説。町は徐々に陥没がすすみ、一部が大きな湖に飲み込まれていた。湖底に残された“思い出の品”を回収する男性・モグリに出会った少年は、しなやかに泳ぐ姿から“サカナ”と名付けられ、彼の仕事を手伝うことに。少年は母の想いと顔を知らない父の秘密に近付いていく。


「すべてはあの町から始まったのよね」
母が最期に残した言葉の真意を知るため、
独りきりになった少年は母の故郷を訪れる。
手がかりは古いモノクロフィルムと未完の小説。
町は徐々に陥没がすすんでいて、一部が大きな湖に飲み込まれていた。
湖底に残された“思い出の品”を回収する男性・モグリに出会った少年は、
しなやかに泳ぐ姿から“サカナ”と名付けられ、彼の仕事を手伝うことに。
そのモグリもまた、過去にある秘密を抱えていた。
サカナは、聞けなかった母の想いと顔を知らない父の秘密に近付いていく。

製品情報

製品名 みずうみの歌
著者名 著:ほしお さなえ 絵:pomodorosa
発売日 2013年10月24日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218590-5
判型 四六
ページ数 282ページ

著者紹介

著:ほしお さなえ(ホシオ サナエ)

1964年東京生まれ。2003年に『ヘビイチゴ・サナトリウム』(東京創元社)が第12回鮎川哲也賞最終候補となり、ミステリ・デビュー。他の著作に『恩寵』(角川書店)、『空き家課まぼろし譚』(講談社)、『夏草のフーガ』(幻冬舎)、児童書として『お父さんのバイオリン』、『ものだま探偵団・ふしぎな声のする町で』(ともに徳間書店)などがある。美しい筆致と温かな世界観が魅力。

オンライン書店で見る