星籠の海 上

文芸(単行本)
セイロノウミ
星籠の海 上
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この海には、人を喰う怪物がいる――瀬戸内の小島・興居島に漂着するいくつもの死体と、いにしえからの港町・鞆に拡がる不穏な団体の影――。怪事件の続く「時計仕掛けの海」に、御手洗潔が挑む!


瀬戸内海に浮かぶ島に流れ着くいくつもの死体。そして風光明媚な福山の鞆を舞台にした不可解な人間模様――。奇怪な事件に御手洗潔が挑む超巨編。

製品情報

製品名 星籠の海 上
著者名 著:島田 荘司
発売日 2013年10月04日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-218589-9
判型 四六
ページ数 450ページ
初出 『メフィスト』2013年Vol.1、Vol.2

著者紹介

著:島田 荘司(シマダ ソウジ)

1948(昭和23)年、広島県生れ。武蔵野美術大学卒。1981年『占星術殺人事件』でデビュー。以後、『斜め屋敷の犯罪』『異邦の騎士』などの「御手洗潔」シリーズ、『寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁』などの「吉敷竹史」シリーズを中心に、人気作品を多数生み出し、本格ミステリーの旗手として不動の地位を築く。著書に『摩天楼の怪人』『溺れる人魚』『リベルタスの寓話』『進々堂世界一周 追憶のカシュガル』『ゴーグル男の怪』『21世紀本格宣言』『秋好英明事件』『アルカトラズ幻想』など多数。「島田荘司選 ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」や「本格ミステリー『ベテラン新人』発掘プロジェクト」を主宰し、新人発掘にも尽力している。