襲名犯

文芸(単行本)
シュウメイハン
襲名犯
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

あの日、僕は連続殺人犯に出会った――。稀代の殺戮者ブージャムの死刑執行が、新たな惨劇の幕を開ける。十四年前、関東の地方都市で起きた連続猟奇殺人事件。ルイス・キャロルの詩を下敷きにしたかのような犯行から「ブージャム」と呼ばれた犯人は、六人を殺害した後、逮捕される。容姿端麗、取り調べにも多くを語らず、男を英雄視する熱狂的な信奉者も生まれるが、ついに死刑が執行された。そしていま、第二の事件が始まる。


十四年前、関東の地方都市で起きた連続猟奇殺人事件。ルイス・キャロルの詩を下敷きにしたかのような犯行から「ブージャム」と呼ばれた犯人は、六人を殺害した後、逮捕される。容姿端麗、取り調べにも多くを語らず、男を英雄視する熱狂的な信奉者も生まれるが、ついに死刑が執行された。
そしていま、第二の事件が始まる。小指を切り取られた女性の惨殺体。「ブージャム」を名乗る血塗られた落書き。十四年前の最後の被害者、南條信の双子の弟、南條仁のもとへ「襲名犯」からのメッセージが届けられる……。
惨劇はなぜ繰り返されるのか? 現在と過去を結ぶ事件の真相とは? 第59回江戸川乱歩賞受賞作!

目次

  • 第一章 予兆
  • 第二章 既視感
  • 第三章 悪意
  • 第四章 結末
  • エピローグ
  • 江戸川乱歩賞授賞リスト

製品情報

製品名 襲名犯
著者名 著:竹吉 優輔
発売日 2013年08月07日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218509-7
判型 四六変型
ページ数 348ページ

著者紹介

著:竹吉 優輔(タケヨシ ユウスケ)

竹吉優輔(たけよし・ゆうすけ)
1980年茨城県生まれ。二松学舎大学文学部卒業後、東洋大学大学院で文学を専攻。茨城の図書館で司書として働くかたわら、小説執筆をつづける。第55回江戸川乱歩賞一次通過、第57回江戸川乱歩賞二次通過と着実にステップアップし、2013年、本作にて第59回江戸川乱歩賞を受賞。念願の作家デビューを果たす。