逆転! 強敵や逆境に勝てる秘密

ギャクテンキョウテキヤギャッキョウニカテルヒミツ
逆転! 強敵や逆境に勝てる秘密
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

まったく無名の女子高校バスケットボールチームが州大会で優勝したのはなぜか? 二流大学の優秀な学生が、一流大学のそこその学生よりも優れているのはなぜか? 弱い立場の者が絶対的強者に勝つ方法とは? 小よく大を制す、その科学的方法論とは?  『ティッピング・ポイント』(邦題『急に売れ始めるにはワケがある』『アウトライアーズ』(邦題『天才!』)のグラッドウェルが、3年に及ぶ研究から徹底的に分析する!


まったく無名の女子高校バスケットボールチームが州大会で優勝したのはなぜか? 
二流大学の優秀な学生が、一流大学のそこその学生よりも
優れているのはなぜか?

弱い立場の者が絶対的強者に勝つ方法とは?
小よく大を制す、その科学的方法論とは?

弱小チームでも、貧しくても、二流大学卒でも、「勝利の方程式」は必ず存在する!

『ティッピング・ポイント』(邦題『急に売れ始めるにはワケがある』、『アウトライアーズ』(邦題『天才!』)のグラッドウェルが、3年に及ぶ研究から徹底的に分析する!



ふつうの人間が巨人と戦うにはどうすればいいか――それが本書のテーマだ。「巨人」とは圧倒的に強い敵のこと。軍隊や戦士だけでなく、障害・不運・抑圧といったことも含まれる。この本では一章でひとりの人物を取りあげる。有名人もいれば無名の人もいるし、凡人もいれば才人もいるが、共通するのは手に余る挑戦に直面し、それを乗りきらなくてはならなかったこと。(中略)
巨人の実像は、私たちが思っているようなものではない。彼らはその強大な力ゆえに、致命的な弱点も持っている。(中略)新しい扉が開いてチャンスが訪れ、学びと悟りを得ることができる。ふつうならぜったいありえないことが実現可能になる。だとすれば、巨人に立ち向かうための良質な指南書がぜひともほしい。(本書 プロローグより)

目次

  • プロローグ ダビデとゴリアテ 羊飼いの少年はなぜ屈強な大男を倒せたか
  • 第1部 不利は有利で、有利は不利
  • 第1章 弱小チームが勝つには     相手と同じ土俵で戦うな
  • 第2章 貧しい家の子が勝つには    裕福な家の子にハングリー精神は宿るか
  • 第3章 二流大学が勝つには     「そこそこの大学の優等生」と「一流大のそこそこの学生」はどちらが有望か
  • 第2部 望ましい苦労  
  • 第4章 識字障害者が勝つには       逆境を逆手にとる戦略
  • 第5章 親に先立たれた子が勝つには  不幸な体験がリモートミスに変わるとき
  • 第6章 マイノリティが勝つには       公民権運動とトリックスターの関係
  • 第3部 力の限界
  • 第7章 精鋭の治安部隊に勝つには   正統なき統治が失敗する理由
  • 第8章 突然の悲劇に勝つには     「アメリカ史上最も壮大な刑法運用実験」の盲点
  • 第9章 自分の運命に勝つには     ナチスに抵抗をつづけたある牧師の生涯

製品情報

製品名 逆転! 強敵や逆境に勝てる秘密
著者名 著:マルコム・グラッドウェル 訳:藤井 留美
発売日 2014年09月02日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218505-9
判型 四六
ページ数 258ページ

著者紹介

著:マルコム・グラッドウェル(マルコム・グラッドウェル)

1963年イギリス生まれ。
カナダ・トロント大学トリニティカレッジ卒。
『ワシントン・ポスト』紙のビジネス、サイエンス担当記者を経て、現在は雑誌『ニューヨーカー』のスタッフライターとして活躍中。邦訳には『天才!』『ニューヨーカー傑作選』ほかがある。

ある製品やメッセージが突然、爆発的に売れたり広まったりする仕組みを膨大な調査とユニークなフレームワークによって解き明かした最初の著書『ティッピング・ポイント』(邦題『急に売れ始めるにはワケがある ネットワーク理論が明らかにする口コミの法則』)、人間は、長時間考えてたどり着いた結論よりも、最初の直感やひらめきによって、物事の本質を見抜くという仮説を検証した2冊めの著書『ブリンク』(邦題『第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい』)は、いずれも世界で200万部を超える大ベストセラーになっている。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス