うつ病放浪記 絶望をこえて生きる

ウツビョウホウロウキゼツボウヲコエテイキル
うつ病放浪記 絶望をこえて生きる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「このままでは死んでしまう」。呼吸困難に陥り、救急搬送された著者。そこで下されたのは、“うつ病”の診断だった・・・・・・。『快楽』シリーズや『悪名の棺 笹川良一伝』などのベストセラーで知られるノンフィクション作家が初めて明かす闘病の記録。自らの体験と患者への取材から浮かび上がる、病の知られざる実態。そして、主治医との対話の中から見いだされた「希望」とは、いったい何か。


激しい動悸が、時間や場所に関係なく起きる。
手足が鉛のように重くなる。
なぜかわからないが、やたらと死ぬことを考えてしまう。
そしてある日突然、呼吸ができなくなった。
救急搬送された病院で、私を待っていたのは、
予想すらしなかった「うつ病」という診断だった・・・・・・。

患者数70万人超。「現代の国民病」と今も闘い続ける
ベストセラー・ノンフィクション作家が、衝撃のカミングアウト。

死ぬ日を決めて遺書を用意したサラリーマン
恋人からうつを“うつされた”派遣社員
発作の苦しさに泣き叫ぶOL

など、患者への取材と自分の体験に基づいて、
うつ病の知られざる実態と、苦しみのなかから見いだした
新たなる希望を克明に描き出す。

【目次】
●第1章 死に至る病
●第2章 医師にすがるか神にすがるか
●第3章 かかりつけ医をさがして
●第4章 放浪の果てに
●第5章 ローンが組めない
●第4章 それぞれの「うつ病放浪記」
●第7章 命を諦め始める季節
●第8章 本当に大切なもの

目次

  • ●工藤美代子(くどう・みよこ)
  • 1950年東京都生まれ。ノンフィクション作家。チェコスロバキアのカレル大学留学後、カナダのコロンビア・カレッジ卒業。
  • 1991年、『工藤写真館の昭和』(朝日新聞社、後にランダムハウス講談社文庫)で第13回講談社ノンフィクション賞を受賞。
  • 人物評伝や昭和史を扱ったノンフィクションからエッセイまで、幅広い分野で執筆し、著書多数。
  • 主な作品に『赫奕たる反骨 吉田茂』(日本経済新聞出版社)、『悪名の棺 笹川良一伝』(幻冬舎文庫)、『快楽』(中公文庫)、『もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら』(メディアファクトリー)、『悪童殿下』(幻冬舎)がある。
  • 【目次】
  • ●第1章 死に至る病
  • ●第2章 医師にすがるか神にすがるか
  • ●第3章 かかりつけ医をさがして
  • ●第4章 放浪の果てに
  • ●第5章 ローンが組めない
  • ●第4章 それぞれの「うつ病放浪記」
  • ●第7章 命を諦め始める季節
  • ●第8章 本当に大切なもの

製品情報

製品名 うつ病放浪記 絶望をこえて生きる
著者名 著:工藤 美代子
発売日 2013年07月27日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-218472-4
判型 四六
ページ数 202ページ
初出 講談社MOOK『G2』Vol.11~Vol.13(2012年9月、2013年1月、5月)に加筆、訂正したもの。

著者紹介

著:工藤 美代子(クドウ ミヨコ)

1950年東京都生まれ。ノンフィクション作家。チェコスロバキアのカレル大学留学後、カナダのコロンビア・カレッジ卒業。1991年、『工藤写真館の昭和』(朝日新聞社、後にランダムハウス講談社文庫)で第13回講談社ノンフィクション賞を受賞。人物評伝や昭和史を扱ったノンフィクションからエッセイまで、幅広い分野で執筆し、著書多数。主な作品に『赫奕たる反骨 吉田茂』(日本経済新聞出版社)、『悪名の棺 笹川良一伝』(幻冬舎文庫)、『快楽』(中公文庫)、『もしもノンフィクション作家がお化けに出会ったら』(メディアファクトリー)がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス