アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪

アベノリスクニホンヲメルトダウンサセルナナツノタイザイ
  • 電子あり
アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

第1の罪 インフレ第2の罪 増税第3の罪 TPP参加第4の罪 原発再開第5の罪 シロアリ公務員温存第6の罪 改憲第7の罪 戦争へアベノミクスの次には何が起こるのか?7月の参院選後、日本はどう変わるのか?この2つのテーマに的を絞った緊急出版です。


第一のラッパが吹き鳴らされると、日銀の資産を大幅に劣化させてまで誘導される激しいインフレが、政府と企業だけを救い、国民は大いに苦しめられた。
第二のラッパが吹き鳴らされると、大増税が始まり、アベノミクスへの期待効果によって生まれたわずかな株高などは簡単に吹き飛ばされた。
第三のラッパが吹き鳴らされると、TPP加盟によって美しい国土は荒れ地と化し、米国市場原理主義の猛威が日本社会を荒廃させた。
第四のラッパが吹き鳴らされると、活断層の上の原発がいつのまにか続々と再稼働し始め、人々は原発事故の悪夢に怯える日々を過ごした。
第五のラッパが吹き鳴らされると、血税を食い荒らすシロアリ官僚がますます増殖し、再び増額された巨大公共事業・役人利権予算に群がった。
第六のラッパが吹き鳴らされると、権 力の横暴を防ぎ止める役割を担っていたはずの憲法が、国家権力によって次々と都合よく改悪され、国民主権や基本的人権がないがしろにされた。
第七のラッパが吹き鳴らされると、憲法改悪によって戦争への道が切り開かれ、集団的自衛権の名のもとに日本が報復攻撃の対象とされ・・・・・・・

これは黙示録ではありません。近未来の日本の姿です。
アベノミクスの次にやってくるのは、アベノリスクの時代なのです。

目次

  • アベノリスク 第1の罪 引き起こされるインフレ
  • アベノリスク 第2の罪 大増税不興 繰り返される3度目の悪夢
  • アベノリスク 第3の罪 TPP 失われる主権
  • アベノリスク 第4の罪 活断層の上の原発再稼働
  • アベノリスク 第5の罪 シロアリ官僚に食い尽くされる
  • アベノリスク 第6の罪 改変される憲法
  • アベノリスク 第7の罪 創作される戦争

製品情報

製品名 アベノリスク 日本を融解させる7つの大罪
著者名 著:植草 一秀
発売日 2013年07月04日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218465-6
判型 四六
ページ数 274ページ

著者紹介

著:植草 一秀(ウエクサ カズヒデ)

1960年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒。大蔵事務官、京都大学助教授、米スタンフォード大学フーバー研究所客員フェロー、早稲田大学大学院教授などを経て、現在、スリーネーションズリサーチ株式会社代表取締役。金融市場の最前線でエコノミストとして活動後、金融論・経済政策論および政治経済学の研究に移行。現在は会員制のTRIレポート『金利・為替・株価特報』を発行し、内外政治経済金融市場分析を提示。政治情勢および金融市場予測の精度の高さで高い評価を得ている。また、政治ブログおよびメルマガ「植草一秀の『知られざる真実』」で多数の読者を獲得している。1998年日本経済新聞社アナリストランキング・エコノミスト部門第1位、2002年度第23回石橋湛山賞(『現代日本経済政策論』(岩波書店))受賞、『金利・為替・株価の政治経済学』(岩波書店)、『日本の総決算』(講談社、『日本の独立』(飛鳥新社)、『日本の再生』(青志社)、『消費増税亡国論』(飛鳥新社)、『消費税増税「乱」は終わらない』(共著、同時代社)、『金利・為替・株価大躍動』(ビジネス社)、『対米従属という宿痾』(共著、飛鳥新社)ほか著書多数。

関連シリーズ

オンライン書店で見る