脱グローバル論 日本の未来のつくりかた

ダツグローバルロンニホンノミライノツクリカタ
  • 電子あり
脱グローバル論 日本の未来のつくりかた
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「日本の未来をどうすべきか」参院選に投票する前にもう一回考えてみませんか?「ポストグローバル社会と日本の未来」というテーマでおじさんと若者が、ゆるゆると日本の未来について語ってみました。新自由主義(ネオリベ)に染まらない自由を!「ポストグローバル社会と日本の未来をいかに築くか」という、今の日本がもっとも考えなくてはならないこの問題に7人の論客が挑みます!


本書は、日本のグローバル化が急激に進行し、グローバリスト=ナショナリスト・イデオロギーが国内世論で支配的であった時期(安倍晋三と橋下徹と石原慎太郎が高いポピュラリティを誇っていた時代)に、それに抵抗する理論的・実践的基礎を手探りしていた人間たちの悪戦の記録として資料的に読まれる価値があるのではないかと思います。
「資料的に読まれる価値がある」と思うのは、とりあえずシンポジウムが行われていたリアルタイムでは誰からも相手にされなかったからです。メディアからはほぼ完全に黙殺されました。
しかし、偶然にも、「まえがき」のために指定された締め切りをとうに過ぎてから督促されてこれを書き出したちょうどその時に、日本維新の会の橋下徹共同代表の「慰安婦容認発言」が国外のメディアから批判の十字砲火を浴びるという事件がありました。この発言をめぐる維新の会内部の意思不統一で、グローバリスト=ナショナリスト・イデオロギーの「尖兵」として我が世の春を謳歌していた維新の会も今は解党的危機を迎えています。安倍自民党も「侵略」をめぐる首相発言、靖国集団参拝、改憲、橋下発言に対する宥和的姿勢などが中国韓国のみならずアメリカ政府の不信を招き、ナショナリスト・イデオロギーの暴走を抑制せざるを得ない状態に追い詰められています。
これら一連の「逆風」が日本におけるグローバル化趨勢が方向転換する歴史的な「転轍点」になるのかどうか、ただの挿話的出来事で終わるのか、それはまだ見通せません。でも、この20年日本を覆ってきた「支配的なイデオロギー」に対するある種の不安と倦厭感が国民の間に、ゆっくりではありますけれど、拡がりつつあるようには感じられます。
この本は2013年7月の参院選の直前に発行される予定です。選挙で、グローバリスト=ナショナリスト的政治勢力に対する有権者の信認がどれほど減るのか、それとも支持率はこれほど国外からの批判があっても高止まりしたままなのか、私は興味をもって見守っています。私たちがこの本の中でそれぞれに主張してきた言葉がすこしでも理解者を獲得してきていたのであれば選挙結果にそれなりに反映するはずです。そうなることを願っています。
(内田樹氏 はじめに 「脱グローバリズム宣言」から抜粋)

目次

  • 第1回 グローバル社会VS.国民国家のゆくえ
  • ・お金の話ばっかりするのは、もうやめよう
  • ・競争原理は人間を成長させるか
  • ・「リベラル・ナショナリズム」が国民国家を支える
  • ・「社会の役に立ちたい」若者、急増中 ほか
  • 第2回 おじさんと若者たちの対話
  • ・ポストグローバルへ先んじるは日本
  • ・年収200万円でも幸せに生きられる
  • ・超資本主義社会から逃れるためには
  • ・意外と共感し合う20代と50~60代 ほか
  • 第3回 衆院選直前! 「政治」について考えよう
  • ・内田流「政治家を選ぶ判断基準」
  • ・新自由主義者たちの嘘
  • ・メディアはなぜ「巨大な敵」を作りたがるのか
  • ・ジャイアンとスネ夫の日米関係  ほか
  • 第4回 新しいジモト主義が日本を救う
  • ・TPPの正体は「アメリカの国内産業保護政策」
  • ・橋下氏をきちんと分析する
  • ・痩せ細っていく社会の「中間領域」
  • ・大阪の町で学んだ「居場所」の作り方  ほか

製品情報

製品名 脱グローバル論 日本の未来のつくりかた
著者名 著:内田 樹 著:中島 岳志 著:平松 邦夫 著:イケダ ハヤト 著:小田嶋 隆 著:高木 新平 著:平川 克美
発売日 2013年06月11日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218427-4
判型 四六
ページ数 282ページ
初出 「現代ビジネス」主催のシンポジウム「ポストグローバル社会と日本の未来」第1~第4回の内容に一部加筆・修整を行ったもの。

著者紹介

著:内田 樹(ウチダ タツル)

内田樹 Tatsuru Uchida
1950年東京都生まれ。思想家、武道家、翻訳家、神戸女学院大学名誉教授。『日本辺境論』『街場の文体論』『現代霊性論』ほか著書、共著多数。Twitter ID: @levinassien

著:中島 岳志(ナカジマ タケシ)

中島岳志 Takeshi Nakajima
1975年大阪府生まれ。北海道大学大学院法学研究科准教授。著書に『秋葉原事件』『朝日平吾の鬱屈』『保守のヒント』ほか。Twitter ID: @nakajima1975

著:平松 邦夫(ヒラマツ クニオ)

平松邦夫 Kunio Hiramatsu
1948年兵庫県生まれ。毎日放送アナウンサー、大阪市長を経て、現在は公共政策ラボ(PPL:http://www.with-ppl.jp/)代表。共著に『おせっかい教育論』。Twitter ID: @hiramatsu_osaka

著:イケダ ハヤト(イケダ ハヤト)

イケダハヤト Hayato Ikeda
1986年神奈川県生まれ。ITジャーナリスト、ブロガー、ライター、ソーシャルメディアマーケター。著書に『年収150万円で僕らは自由に生きていく』ほか。Twitter ID: @IHyato

著:小田嶋 隆(オダジマ タカシ)

小田嶋隆 Takashi Odajima
1956年東京都生まれ。コラムニスト、テクニカルライター。著書に『地雷を踏む勇気』『その「正義」が危ない。』『小田嶋隆のコラム道』『場末の文体論』ほか。Twitter ID: @tako_ashi

著:高木 新平(タカギ シンペイ)

高木新平 Shimpei Takagi
1987年富山県生まれ。コンテクストデザイナー。解放集団「Liverty」やシェアハウス「よるヒルズ」など、さまざまな生活実験モデルを展開している。Twitter ID: @Shimpe1

著:平川 克美(ヒラカワ カツミ)

平川克美 Katsumi Hirakawa
1950年東京都生まれ。株式会社リナックスカフェ代表取締役。立教大学MBA特任教授。著著に『経済成長という病』『俺に似たひと』ほか。Twitter ID: @hirakawamaru

オンライン書店で見る