笑いの花伝書

ワライノカデンショ
  • 電子あり
笑いの花伝書
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

浅草芸人たちの、軽演劇で練られたコント。エンタツ・アチャコの、自由自在に脱線するボケ。コント55号の、ボケ役に常識人キャラ・坂上次郎を配する役割分担の妙。立川談志の、ルールの裏側を暴いて嘲笑するアフォリズム。林家三平の、地口を駆使したなりふり構わぬボケ倒し。松元ヒロの、天皇までも標的にする果敢なツッコミ。赤塚不二夫の、本音しか存在しない狂気の世界。実例多数収録、笑いを語る基本文献の登場!


寒い公園で男女がまぐわろうとしている。
女が何か敷くものがなくちゃいやだと言うと、どこからともなく便利屋が現れて
「エー貸しゴザはいかが」と言う。
次に女が寒いと言うと「エー貸し火鉢」、
ティッシュが無いと言うと「エー高級チリ紙」、
子供ができたらどうしようと言うと「エー貸しサック」、
この調子で、女が何か不満を言うとすぐに出てきて、高い値段で貸し付ける。
しまいに、女が嫌気がさして逃げていく。
すると、また出てきて
「えー貸し女」と言って、尻をまくって……

このコントは『便利屋』。
伝説の「浅草3大コント」のうち『仁丹』『天丼』は確定しているけれども、
残りひとつには諸説があるところ、
著者の滝さんは「ストリップの合間に演(や)っていた寸劇という条件つきで」
この『便利屋』を3つ目に挙げています。

もちろん、この種のコントが面白くなるもならないも役者の腕次第。
日本から良質のコメディアンがほぼ姿を消した現状では、
テレビに取り込まれて芸人がオールボケ化してしまい、
よく練ったコントが演じられる余地はなくなってしまいました。
つまり、「笑い」の現場は観客と芸人が馴れ合うものに
矮小化されてしまったのです。

「フツーの人間が一番面白い」などと世迷い言をほざく連中から
舞台を取り戻すにはどうしたらよいか。
世間の常識と対峙する気骨ある芸人が必要だ、
と滝さんは主張します。

この本では、コント55号、赤塚不二夫、てんぷくトリオ、由利徹、
そして立川談志といった芸人たちに絶大な人望のある
喜劇界の第一人者・滝さんが豊富な実例とともに、
いま求められる芸人の資質について考えていきます。

滝さんが集大成として後世に残す喜劇論、
「笑い」を志す人もただ笑いたい人も必読です。

目次

  • 1 表現の笑い
  • 2 爆笑、八波むと志
  • 3 ジョークと世迷言
  • 4 ボケの笑いツッコミの笑い
  • 5 非常識の常識
  • 6 FBIのGメン
  • 7 喜劇の形式
  • 8 赤塚クレージーワールド
  • 9 元は珍優
  • 10 由利徹が行く

製品情報

製品名 笑いの花伝書
著者名 著:滝 大作
発売日 2013年07月19日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218419-9
判型 四六
ページ数 192ページ

著者紹介

著:滝 大作(タキ ダイサク)

滝大作(たき・だいさく、コメディー作家、演出家)
1933年東京生まれ。早稲田大学中退。59年NHK入社。芸能局ディレクターとして「お笑いオンステージ」「紅白歌合戦」等を演出。その一方で「コント55号」のギャグ作りに参加、赤塚不二夫、タモリ、高平哲郎と「面白グループ」を結成するなど、幅広い活動を続ける。84年にNHKを退社、民放各局のバラエティー番組の構成をはじめ、舞台の脚本・演出などで活躍。
監修に『古川ロッパ昭和日記』(全4巻、晶文社)、著書に『小説 お江戸でござる』(PHP研究所)、『Sono・sono』(大和文庫)、『とんぼを切りたかったコメディアン』(晶文社)ほか多数。

オンライン書店で見る