これからの中国の話をしよう

コレカラノチュウゴクノハナシヲシヨウ
  • 電子あり
これからの中国の話をしよう
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この関係悪化の時代に嫌中、媚中を超えた冷静な議論ができるのは次世代だ。ビジネスマンのみならず、中国に少しでも関心のある人は必読、いまとこれからがわかる中国論の誕生。


加藤嘉一1984年生まれ。高校卒業後北京大学へ留学。
北京大学在学中、中国メディアデビュー。
以来、中国国内のテレビ、雑誌で発信を続け、中国版ツイッター新浪微博のフォロワーも150万人以上。
「中国で一番有名な日本人」と呼ばれる。

原田曜平1977年生まれ。博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー。
日中若者研究のみならず最近ではフィールドをアジア各地にまで広げ、
若者研究の第一人者としてメディア登場も多い。

つねに現場で格闘し、発信を続けてきた若き二人だからこそ語れる
これからの中国、これからの中国人の「ほんとうの話」。

反日教育を受けながらも、どんどん日本の若者たちにライフスタイル、
考え方が似てきた中国の若者たち。
一方で、彼ら八〇後(1980年代生まれ)、九〇後(1990年代生まれ)と、
日本の若者との大きな違いは、人口が多いということ、上の世代より豊かなこと、
だから社会に大きな影響力を持った世代であること。
そのため、これからの中国、これからの日中関係の鍵を握るのは、
八〇後以降の世代。
本書では、彼ら中国の若者世代の話を中心としながら、
各地域の違い、中国共産党のいま、中国ビジネスで気をつける点と狙い所、
中国人との付き合い方など、話は多岐にわたる。

嫌中、媚中を超えて冷静な議論を。
ビジネスマンのみならず、中国に少しでも関心のある人は必読、
いまとこれからがわかる中国論の誕生。

目次

  • 第1章 中国を好き嫌いで見るな
  • 第2章 「八〇後」をどう見るか
  • 第3章 ほんとうの新人類「九〇後」の世界
  • 第4章 不公平という不安要因
  • 第5章 共産党と民主化をどう読むか
  • 第6章 地域が変われば文化も変わる
  • 第7章 中国人の金持ちと中間層
  • 第8章 中国人が感動する日本
  • 第9章 中国人との付き合い方
  • 第10章 企業はこんな中国人を雇え
  • 第11章 現場に自ら足を運ぶということ
  • 第12章 グローバルな世界で

製品情報

製品名 これからの中国の話をしよう
著者名 著:加藤 嘉一 著:原田 曜平
発売日 2013年08月02日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218411-3
判型 四六
ページ数 338ページ

関連シリーズ

オンライン書店で見る