猫弁と少女探偵

文芸(単行本)
ネコベントショウジョタンテイ
猫弁と少女探偵
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

飼い猫・テヌーの足跡を見て、自身の「大いなる欠け」を知った天才弁護士・百瀬太郎。三毛猫が失踪してしまった少女は、百瀬とコンビを組み、猫を探し出すことになった。婚約者の大福亜子は、誕生日に百瀬から呼び出され、贈り物を期待していた。イタズラ好きの少年は、百瀬法律事務所の手伝いをしていた。やっかいでかけがえのない人たちの謎を抱えた百瀬のもとに、百瀬次郎と名乗る赤毛の青年までやってきて――。


飼い猫・テヌーの足跡を見て、自身の「大いなる欠け」を知った天才弁護士・百瀬太郎。三毛猫が失踪してしまった少女は、百瀬とコンビを組み、猫を探し出すことになった。婚約者の大福亜子は、誕生日に百瀬から呼び出され、贈り物を期待していた。イタズラ好きの少年は、百瀬法律事務所の手伝いをしていた。やっかいでかけがえのない人たちの謎を抱えた百瀬のもとに、百瀬次郎と名乗る赤毛の青年までやってきて――。大切なものたちがつぎつぎにつながるハートフルミステリー、急展開の第四弾!

目次

  • 第一章 少女とエリザベス
  • 第二章 三毛猫誘拐事件
  • 第三章 おとうと次郎
  • 第四章 空にいる
  • 第五章 百瀬の卒業

製品情報

製品名 猫弁と少女探偵
著者名 著:大山 淳子
発売日 2013年08月31日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218382-6
判型 四六変型
ページ数 258ページ

著者紹介

著:大山 淳子(オオヤマ ジュンコ)

2006年、『三日月夜話』で城戸賞入選。
2008年、『通夜女』で函館港イルミナシオン映画祭シナリオ大賞グランプリ。
2011年、『猫弁~死体の身代金~』にて第三回TBS・講談社ドラマ原作大賞を受賞。デビュー作『猫弁』は単行本と文庫をほぼ同時に発売し、どちらも大反響を得て版を重ねた。続く6月に『猫弁と透明人間』を刊行し、こちらも2013年4月にドラマ化された。シリーズ3作目に『猫弁と指輪物語』を発表し、本作がシリーズ4作目となる。