一つ屋根の下の探偵たち

文芸(単行本)
ヒトツヤネノシタノタンテイタチ
一つ屋根の下の探偵たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

“なまけものの探偵”と“働きものの探偵”とシェアハウスを始めた新人エッセイスト・浅間修は、苦しい経済状況を打開するために、同居人を主人公にした小説を書こうとする。そんなとき、新聞記事に“アリとキリギリス事件”を発見。密室で男が殺され、その下にはアリの巣のような穴が開いていて……。二人の探偵と1人のワトソンが繰り広げる推理と冗談から目が離せない! 著者渾身の問題作!


「私は夢の中で推理をしていようと思う」
「探偵は人脈と根性ですよ!」
ユーモアミステリー&驚愕の謎解き!
奇妙奇天烈、摩訶不思議な「アリとキリギリス」事件! ――真相の解明が待たれる。

“なまけものの探偵”と“働きものの探偵”、二人の探偵とハウスシェアを始めた新人エッセイストの浅間修は、苦しい経済状況を打破するために、同居人の探偵捜査についてルポルタージュを書くことに。そんなとき、雑誌に「アリとキリギリス事件」の記事を発見。奇妙な密室で男が餓死し、その床にはアリの巣のような穴があいていたという。対象の事件は決まった。しかしルポに採用されるのは、一人だけ。勝負を面倒がる探偵・天火隷介(てんかれいすけ)を、真面目な探偵・町井唯人(ゆいと)が説得し、二人は対決することに。果たして真相に到達するのは探偵(アリ)か探偵(キリギリス)か、それとも?
京都大学推理小説研究会出身の著者による探偵小説、はじまりはじまり!

製品情報

製品名 一つ屋根の下の探偵たち
著者名 著:森川 智喜
発売日 2013年06月27日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-218379-6
判型 四六変型
ページ数 282ページ

著者紹介

著:森川 智喜(モリカワ トモキ)

1984年、香川県生まれ。京都大学理学部卒業。京都大学推理小説研究会出身。2010年、『キャットフード 名探偵三途川理と注文の多い館の殺人』(講談社)でデビュー。二作目に『スノーホワイト 名探偵三途川理と少女の鏡は千の目を持つ』(講談社)を発表。