わからん薬学事始3

ワカランヤクガクコトハジメ3
  • 電子あり
わからん薬学事始3
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

薬の製造を唯一の産業とする島「久寿理島」で、470年間、女子直系一族だった木葉家に突然生まれた男子・草多は、15歳の春、その製法が女性のみに受け継がれてきた「気やすめ丸」を万人に効く薬へ改良するために、島の運命を背負って東京へと旅だった。薬学を学ぶため入学した私立和漢学園では、楽しい寮生活と、厳しい特訓の日々が待っており、充実した青春を送っていた草多だったが、そんなある日、学園の先輩の伸太郎が甲賀流忍者の末裔だと知る。草多は伸太郎とともに、滋賀県の忍者屋敷で今も忍者として暮らしているという、泰蔵じいさんを訪ねることになり……。

目次

  • 一 気まぐれなんかじゃない
  • 二 忍者と薬草の地へ
  • 三 兵糧丸の歌
  • 四 『気休め丸』はしゃべるか
  • 五 芳原先生
  • 六 きこえない
  • 七 秀有と
  • 八 受験勉強
  • 九 処置室からの声
  • 十 一九九二年秋
  • 十一 久寿理島に誓う
  • 十二 母への手紙
  • 十三 『気休め丸』が教えてくれたこと

製品情報

製品名 わからん薬学事始3
著者名 著:まはら 三桃
発売日 2013年06月28日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-218361-1
判型 四六
ページ数 208ページ

著者紹介

著:まはら 三桃(マハラ ミト)

1966年生まれ。
2005年、第42回講談社児童文学新人賞佳作を受賞。著書に『カラフルな闇』、『最強の天使』、『たまごを持つように』 、『鉄のしぶきがはねる』(坪田譲治文学賞)、『鷹のように帆をあげて』。
童話『おとうさんの手』は、2011年読書感想画中央コンクールの指定図書に選ばれる。
福岡県在住。鹿児島児童文学者の会「あしべ」同人。

オンライン書店で見る