対中戦略 無益な戦争を回避するために

タイチュウセンリャクムエキナセンソウヲカイヒスルタメニ
  • 電子あり
対中戦略 無益な戦争を回避するために
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「尖閣問題はどうしてこじれたのか」「中国が目指すものは何か」「中国の弱点はどこか」この3点をそれぞれ冷静に分析した上で、日本が中国と渡り合うための「対中戦略」を構築すべきだ、というのが筆者の主張です。出版社の駐在員として、中国で3年に及んだ筆者の徹底した現地取材は、何よりも自分の目によって確かめた「中国の現状」を平易な語り口で論じています。


「尖閣問題はどうしてこじれたのか」「中国が目指すものは何か」「中国の弱点はどこか」この3点をそれぞれ冷静に分析した上で、日本が中国と渡り合うための「対中戦略」を構築すべきだ、というのが筆者の主張です。
出版社の駐在員として、中国で3年に及んだ筆者の徹底した現地取材は、何よりも自分の目によって確かめた「中国の現状」を平易な語り口で論じています。

目次

  • 1章
  • 尖閣問題の真相 
  • 2章
  • 中国の野望 経済・外交・・・・中華帝国の再編
  • 3章
  • 中国の弱点 大量の不安要素を抱える大国
  • 4章
  • 対中戦略 日本が目指すべき5つの方針

製品情報

製品名 対中戦略 無益な戦争を回避するために
著者名 著:近藤 大介
発売日 2013年04月16日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-218335-2
判型 四六
ページ数 298ページ

著者紹介

著:近藤 大介(コンドウ ダイスケ)

明治大学非常勤講師。中国・韓国を始めとしたアジアの政治・経済・外交を長年にわたって取材。講談社週刊現代編集部所属。

オンライン書店で見る