陽炎の門

文芸(単行本)
カゲロウノモン
陽炎の門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

職務において冷徹非情、若くして執政の座に昇った桐谷主水。かつて派閥抗争で親友を裏切り、いまの地位を得たと囁かれている。三十半ばにして娶った妻・由布は、己の手で介錯した親友の娘だった。あるとき、由布の弟・喬之助が仇討ちに現れる。友の死は己が咎か――主水の足元はにわかに崩れ、夫婦の安寧も破られていく。組織を生き抜く者たちへ――直木賞作家・葉室麟の最新作。峻烈な筆で描き出す、渾身の時代長編!


友を陥れてまで、己は出世を望んだのか――。若き執政がゆく道は、栄達か、修羅か。
職務において冷徹非情、若くして執政の座に昇った桐谷主水。かつて派閥抗争で親友を裏切り、いまの地位を得たと囁かれている。三十半ばにして娶った妻・由布は、己の手で介錯した親友の娘だった。あるとき、由布の弟・喬之助が仇討ちに現れる。友の死は己が咎か――主水の足元はにわかに崩れ、夫婦の安寧も破られていく。すべての糸口は、十年前、主水と親友を別った、ある〈事件〉にあった。

著者史上、最上の哀切と感動が押し寄せる。組織を生き抜く者たちへ--直木賞作家・葉室麟の最新作! 峻烈な筆で描き出す、渾身の時代長編!!

製品情報

製品名 陽炎の門
著者名 著:葉室 麟
発売日 2013年04月18日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-218300-0
判型 四六変型
ページ数 298ページ
初出 『小説現代』2012年1月号~10月号

著者紹介

著:葉室 麟(ハムロ リン)

葉室 麟(はむろ・りん)
1951年福岡県北九州市小倉生まれ。西南学院大学卒業。地方紙記者などを経て、2005年「乾山晩愁」で第29回歴史文学賞受賞し、デビュー。2007年『銀漢の賦』で第14回松本清張賞、2012年『蜩ノ記』で第146回直木賞を受賞。近著に『星火瞬く』『無双の花』『散り椿』『霖雨』『千鳥舞う』『この君なくば』『螢草』『おもかげ橋』『春風伝』など。