シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官

文芸(単行本)
シンクロニシティホウイコンチュウガクソウサカン
シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

東京・葛西のトランクルームから女性の腐乱死体が発見された。全裸で遺棄された遺体は損傷が激しく、人相はおろか死亡推定日時の予測すら難しい状態だった。捜査一課の岩楯警部補は、早速捜査に乗り出した。検屍を終えてわかったのは、死因が手足を拘束されての撲殺であることと、殺害現場が他の場所であると思われることの2点だった。発見現場に蠅とウジが蝟集していたことから、捜査本部は法医昆虫学者の赤堀の起用を決定した。


東京・葛西のトランクルームから女性の腐乱死体が発見された。全裸で遺棄された遺体は損傷が激しく、人相はおろか死亡推定日時の予測すら難しい状態だった。捜査一課の岩楯警部補は、若手刑事の月縞を指名して捜査に乗り出した。検屍を終えてわかったことは、死因が手足を拘束されての撲殺であることと、殺害現場が他の場所であると思われることの2点だった。発見現場に蠅とウジが蝟集していたことから、捜査本部は法医昆虫学者の赤堀涼子の起用を決定する。赤堀はウジの繁殖状況などから即座に死亡推定日時を割り出し、また殺害状況までも推論する。さらに彼女の注意を引いたのは、「サギソウ」という珍しい植物の種が現場から発見されたことだった。「虫の知らせ」を頼りに、法医昆虫学者が事件の解明に動き出した。

目次

  • プロローグ
  • 第一章 彼女と虫のテリトリー
  • 第二章 半陰陽が語るもの
  • 第三章 人魂とアナログ時計
  • 第四章 「R」に絡みついた蛇
  • 第五章 ハートビート
  • エピローグ

製品情報

製品名 シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官
著者名 著:川瀬 七緒
発売日 2013年04月20日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-218286-7
判型 四六変型
ページ数 354ページ