パッシング・チャイナ 日本と南アジアが直接つながる時代

パッシングチャイナニッポントミナミアジアガチョクセツツナガルジダイ
パッシング・チャイナ 日本と南アジアが直接つながる時代
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 『パッシング・チャイナ』――すなわち中国を素通りして、「南アジア」という巨大な潜在市場と、それを形成する親日国を直接、日本経済にジョイントする発想。いや、事実、すでに『パッシング・チャイナ』の潮流が大きなうねりとなってアジアに出現しつつある。中国のバブル崩壊は2015年――それに備え、日本と、タイ、インド、インドネシア、ミャンマー、カンボジア、ベトナムなど親日国との経済圏が、いまスタートする!


 『パッシング・チャイナ』――「バッシング」ではなくて「パッシング」、すなわち中国を素通りして、「南アジア」という巨大な潜在市場と、それを形成する親日国を直接、日本経済にジョイントする発想。いや、事実、「チャイナ・プラス・ワン」は予想以上のスピードで進展し、すでに『パッシング・チャイナ』の潮流が大きなうねりとなってアジアに出現しつつある。
 中国のバブル崩壊は2015年――それに備え、日本と、タイ、インド、インドネシア、ミャンマー、カンボジア、ベトナムなど親日国との経済圏が、いまスタートする!

目次

  • 第1章 「反日デモ」中国の真相
  • 第2章 中国バブル崩壊の必然
  • 第3章 南アジアの親日国の実力
  • 第4章 日本企業は必ず復活する
  • 第5章 燦然と輝く日本の未来
  • 第6章 日中対立で困るのはどちらか
  • 第7章 世界6位の海を守るために

製品情報

製品名 パッシング・チャイナ 日本と南アジアが直接つながる時代
著者名 著:熊谷 亮丸
発売日 2013年03月02日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-218280-5
判型 四六
ページ数 322ページ

著者紹介

著:熊谷 亮丸(クマガイ ミツマル)

熊谷亮丸(くまがい・みつまる)
一九六六年、東京に生まれる。大和総研チーフエコノミスト。一九八九年、東京大学法学部卒業後、日本興業銀行(現みずほFG)入行 (一九九三年、東京大学大学院法学政治学研究科修士課程修了)。同行調査部シニアエコノミスト等を経て、二〇〇〇年、興銀証券(現みずほ証券)シニアエコノミスト。二〇〇五年、メリルリンチ日本証券チーフ債券ストラテジスト。二〇〇七年、大和総研入社。職務のかたわら、 財務省「関税・外国為替等審議会」専門委員(二〇〇二~二〇一一年)、参議院予算委員会調査室客員調査員(二〇一〇~二〇一二年)も務める。また、各種アナリストランキングで、「エコノミスト」「為替アナリスト」として、合計七回、一位を獲得 。テレビ東京系列「ワールドビジネスサテライト」のレギュラーコメンテーターとしても活躍中。
著書には、『消費税が日本を救う』(日本経済新聞出版社)、『世界インフレ襲来』(東洋経済新報社)などがある。

関連シリーズ