将棋の天才たち

ショウギノテンサイタチ
  • 電子あり
将棋の天才たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

永世棋聖・米長邦雄が、急逝までの四年半、毎週綴った珠玉の将棋エッセイを単行本化。数々の棋士たちと、思い出に残る対局はもちろん、恋愛・結婚から、酒やギャンブルでの失敗談まで語り合う。将棋を指す人も、指さないけれど興味だけはある人も、気軽に楽しめるのべ81話の「天才」たちの人間模様。昭和の棋界を代表する棋士であり、二十一世紀の将棋界の体制を作った著者、米長邦雄の生涯の決定版!


指した、話した、惚れた――

永世棋聖・米長邦雄が、急逝までの四年半、
毎週綴った珠玉の将棋エッセイを単行本化。
数々の棋士たちと、思い出に残る対局はもちろん、
恋愛・結婚から、酒やギャンブルでの失敗談まで語り合う。
将棋を指す人も、指さないけれど興味だけはある人も、
気軽に楽しめるのべ81話の「天才」たちの人間模様。

戦中・戦後から将棋ファンに愛された升田幸三、大山康晴。
米長氏と激しく闘った中原誠、加藤一二三。
いまや将棋界を代表する谷川浩司、羽生善治……。
伝説的な名棋士、著者と同世代の大御所から、
棋界を支える中堅、期待の若手までを網羅した、他では読めないエピソードの数々。
ひとたび彼らと向き合えば、惚れずにはいられない。

週刊現代で二〇〇八年から四年半、百話ごとにタイトルを変えながら続いた
大人気連載、『名棋士今昔物語』『名勝負今昔物語』『棋士の愛した駒たち』から
エピソードを厳選。

将棋連盟の会長として改革に取り組んだ著者だからこその棋界裏話、
そしてみずからのがんとの闘いを見つめたエッセイ「がんとの対局」など、
読みどころも満載。
まえがきで谷川浩司、あとがきで羽生善治の二大棋士が著者の思い出を語る。

昭和の棋界を代表する棋士であり、二十一世紀の将棋界の体制を作った著者、
米長邦雄の生涯の決定版!

目次

  • 序にかえて 谷川浩司
  • 第一章 名棋士今昔物語
  • 佐藤康光/升田幸三(一)/升田幸三(二)/深浦康市/大山康晴(一)/
  • 谷川浩司/加藤一二三(一)/加藤一二三(二)/花村元司/瀬川晶司/
  • 内藤國雄/渡辺明(一)/清水市代/真部一男/橋本崇載/森下卓/
  • 村山聖/里見香奈/有吉道夫/山田道美/木村義雄/中原誠(一)/
  • 中原誠(二)/郷田真隆/宮田敦史/芹沢博文/丸山忠久/森内俊之/
  • 林葉直子/中川大輔/豊島将之/広瀬章人/神吉宏充/中村修/
  • 塚田正夫/糸谷哲郎/戸部誠/久保利明/菅井竜也/金井恒太/
  • 大内延介/淡路仁茂/井上慶太/青野照市/遠山雄亮
  • 第二章 名勝負今昔物語
  • 羽生善治(一)/片上大輔/森安秀光/藤井猛/屋敷伸之/
  • 西川慶二と西川和宏/島研と米長名人/勝浦修/森けい二/清水上徹/
  • 村山慈明/米長少年/渡辺明(二)/田中魁秀/畠山成幸/畠山鎮/
  • 加藤桃子/ボンクラーズ/野月浩貴/浦野真彦/森信雄/飯田弘之/
  • 羽生善治(二)/中村太地/佐藤慎一/斎藤慎太郎/塚田泰明
  • 第三章 棋士の愛した駒たち
  • 佐藤義則/丸田祐三/及川拓馬/佐藤秀司/高田尚平/永瀬拓矢/
  • 大山康晴(二)/先崎学
  • 終章 遺言・番外編
  • がんとの対局/ミスター・長嶋/予定稿/最後の時
  • 福を惜しむ心 羽生善治

製品情報

製品名 将棋の天才たち
著者名 著:米長 邦雄
発売日 2013年01月31日
価格 定価 : 本体857円(税別)
ISBN 978-4-06-218278-2
判型 新書
ページ数 256ページ
初出 週刊現代にて連載された「名棋士今昔物語」(2008年7月12日号~2010年8月14日号)、「名勝負今昔物語」(2010年8月21・28日号~2012年10月13日号)、「棋士の愛した駒たち」(2012年10月20日号~2013年1月19日号)から抜粋・編集したもの。

著者紹介

著:米長 邦雄(ヨネナガ クニオ)

1943年、山梨県生まれ。佐瀬勇次名誉九段門下。'85年、四冠を獲得し、'93年には史上最年長で名人位に就いた。'03年に現役引退、紫綬褒章を受章。'05年より日本将棋連盟会長を務める。北陸先端科学技術大学院大学特任教授、日本財団評議員、東京都教育委員などを歴任。'12年1月にはプロ棋士として初めてコンピューター将棋との対局に挑戦した。'12年12月、永眠。永世棋聖

オンライン書店で見る