人生の究極

文芸(単行本)
ジンセイノキュウキョク
  • 電子あり
人生の究極
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

永井荷風や松本清張など偉大なる作家たちの足跡。言葉をとことん追い詰めて17文字に凝縮する俳句の世界。大震災の極限状況に出現した、原風景の価値。忠臣蔵から憲法改正まで、歴史と政治を検証する白熱の対談。それぞれの究極が現代の「生き方」に収斂する、吉川英治文学賞作家の熱いメッセージ。


未曾有の経験をした日本人は、これからどう生きていくべきか。
文芸や歴史などを通じて明日への活力を高める、ベスト・エッセイ集!

永井荷風や松本清張など偉大なる作家たちの足跡。言葉をとことん追い詰めて17文字に凝縮する俳句の世界。大震災の極限状況に出現した、原風景の価値。忠臣蔵から憲法改正まで、歴史と政治を検証する白熱の対談。それぞれの究極が現代の「生き方」に収斂する、吉川英治文学賞作家の熱いメッセージ。

目次

  • 第一章 作家の究極
  •  自由人作家 永井荷風
  •  エンターテインメントの神、管理社会への痛烈な風刺
  •  同期の理念
  •  尾頭付きの作品──解説『高台の家』松本清張
  •  流れる星が生んだ作家──解説『父への恋文』藤原咲子
  •  ブレークシリーズの予告──解説『お仙探索手帖 鐘の音』山内美樹
  •  いのちの距離 辺見じゅん氏追悼
  •  作家・森村誠一が見た挿絵
  •  辺見じゅん『天涯の紺』を読む
  •  「作家たちの万葉集」松本清張
  •  インタビュースペシャル “作家”の証明
  •  この人・この3冊 笹沢左保
  •  他
  • 第二章 表現の究極
  •  デジタルカメラによる俳句の新たな表現
  •  角川春樹一行詩集『荒地』添説──業としての一行詩
  •  おくのほそ道・新紀行
  •  佐高信の甘口でコンニチハ! 人はみな“途上の旅人”
  •  国民俳道
  •  景品道
  •  携帯から始まる新たな表現
  •  カルチャー対談・黛まどか氏 言葉がもたらす救いとは
  •  白鳥やいずこより来、いずこへ行く
  •  始めてみよう、写真俳句
  •  開眼の句
  •  おくのほそ道の再生──永遠の芭蕉道
  •  他
  • 第三章 歴史の究極
  •  憲法の前文はぞくぞくするような名文だ──対談・井上ひさし
  •  いま、“日本人のヘソ”を問う──対談・井上ひさし
  •  歴史の海の水先案内人
  •  遠い夏
  •  時代を逆行した半農半士の剣客集団新選組
  •  『真説忠臣蔵』文庫化にあたって──もうひとつのあとがき
  •  師走といえば…忠臣蔵について語り合いましょう──対談・諸田玲子
  •  他
  • 第四章 社会の究極
  •  生き甲斐ある眠り
  •  今年の年賀状 二〇一〇年・虎の巻
  •  終の住処
  •  今年の年賀状 二〇一一年・うさぎ耳(早耳)特集
  •  絵画の音楽化──北京での挑戦
  •  満天の星の下、生きている証
  •  東北大震災に想う
  •  おいしい雲虎
  •  可能性の狩人
  •  書店との出合い──一期一会の「あの」
  •  今年の年賀状 二〇一二年・龍言秘語特集
  •  松原治氏追悼文
  •  便奴の岐路
  •  「老進気鋭」年金返上という選択
  •  老進気鋭
  •  生存から生活へ 命の階段
  •  妻に褒められれば、加齢もまた楽しい
  •  精神文化の成果
  •  一味一会
  •  他

製品情報

製品名 人生の究極
著者名 著:森村 誠一
発売日 2013年03月16日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-218276-8
判型 四六変型
ページ数 290ページ

オンライン書店で見る