31歳で天才になった男 サヴァンと共感覚の謎に迫る実話

サンジュウイッサイデテンサイニナッタオトコ31サヴァントキョウカンカクノナゾニセマルジツワ
31歳で天才になった男 サヴァンと共感覚の謎に迫る実話
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

サヴァンと共感覚の謎に迫る、奇想天外の実話。家具店で働くジェイソンは、強盗に暴行され脳損傷を負う。気づいたとき、彼にはすべてのものが、幾何学的な図形として見えるようになっていた。孤独の中で幾何学と円周率に魅せられ、「自分が共感覚とサヴァン症候群になったのではないか」と考えるようになる。これが物理学者、脳科学者、共感覚者たちと謎を探る彼の旅の始まりとなった。世界でも稀有な後天的サヴァンとは?


サヴァンと共感覚の謎に迫る、奇想天外の実話。家具店で働くジェイソンは、マッチョで遊び好きな31歳。バーで友人と飲んだ帰りに強盗に暴行され、ひどい脳損傷を負う。気づいたとき、彼にはすべてのものが、幾何学的な図形として見えるようになっていた。
混乱し、ネットで情報を調べ、目に映るものを夢中で描き始めるが、誰も理解してくれない。
享楽的だった性格も内省的になり、事件によるPTSDも影響して、4年ものひきこもり生活に入る。孤独の中で彼は幾何学と円周率に魅せられ、「自分が共感覚とサヴァン症候群になったのではないか」と考えるようになる。これが物理学者、脳科学者、共感覚者たちと謎を探る彼の旅の始まりとなった。
現在の彼は、幾何学的な独自のアートを発表するようになり、数理学を学んでいる。
共感覚者には「数字が色に見える」「音に味を感じる」など、さまざまなケースがあるが、「流水の構造が、特有の幾何学的な図形と周波数で振動しているかのように見える」という彼の例は特殊なもの。
サヴァン症候群、共感覚とは生まれながらのものとされているが、彼は後天性である。事故によって共感覚者、サヴァン症候群になった稀有な例として注目を集めている。

目次

  • はじめに モリーンのメッセージ
  • Chapter1 ジェイソン2・0
  • Chapter2 ジェイソン1・0
  • Chapter3 人生の引き算
  • Chapter4 脳みその内側
  • Chapter5 大事なものを失う
  • Chapter6 新しい才能
  • Chapter7 円の端
  • Chapter8 変曲点
  • Chapter9 大学に行く
  • Chapter10 世捨て人とエルミタージュ宮
  • Chapter11 〈プラネットフートン〉から来た男
  • Chapter12 世界の共感覚者たち
  • Chapter13 サヴァンでヨーガ行者?
  • Chapter14 すべてがつながっている
  • Chapter15 スカンジナビアの春
  • Chapter16 移動しない旅
  • Chapter17 ウィスコンシンへの巡礼
  • Chapter18 後ろは振り返らない
  • 謝辞
  • 訳者あとがき

製品情報

製品名 31歳で天才になった男 サヴァンと共感覚の謎に迫る実話
著者名 著:ジェイソン・パジェット 著:モリーン・シーバーグ 訳:服部 由美
発売日 2014年12月12日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-218273-7
判型 四六
ページ数 288ページ

著者紹介

著:ジェイソン・パジェット(ジェイソン・パジェット)

後天性サヴァン症候群と共感覚を持つ数論学者、数学者。ワシントン州タコマにある三つの家具販売店〈プラネット・フートン〉のマネージャー。 共感覚によって見るグリッドとフラクタルを描いたアートが、二〇〇八年、ベークハウスアートコンプレックスのアートショーで、国際部門最優秀新人賞を受ける。本書は初めての著書。ワシントン州タコマ在住。

著:モリーン・シーバーグ(モリーン・シーバーグ)

共感覚をテーマとするライター。サイコロジートゥデイ誌のサイトのエキスパートとして、共感覚について執筆している。ニューヨークタイムズ、デイリービースト、ハフィントンポスト、Oオプラマガジン、ESPNザ・マガジンなど、多くのサイトに寄稿。MSNBC、PBS、オプララジオのリサ・オズ・ショーに出演。ニューヨーク州ニューヨーク在住。

訳:服部 由美(ハットリ ユミ)

翻訳家。訳書に、マシュー・ロゲリン『僕がパパに育つまで シングルファーザーの涙と再生の1年』(講談社)、キャロライン・メイス『思いやりのチャクラ』(サンマーク出版)、タンマヤ・ホナヴォグト『プロフェッショナルレイキ』、マリリン・グレンビル『検証 骨粗鬆症にならない体質』(ともにガイアブックス)などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス