わからん薬学事始2

ワカランヤクガクコトハジメ2
  • 電子あり
わからん薬学事始2
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

薬の製造を唯一の産業とする島「久寿理島」で、470年間、女子直系一族だった木葉家に突然生まれた男子・草多は、島の人から「ぼっちゃんは天が下さったのです」と言われて、大事に育てられてきた。
15歳の春、草多は、その製法が女性のみに受け継がれてきた「気やすめ丸」を万人に効く薬へ改良するために、島の運命を背負って東京へと旅立つ。入学した和漢学園では、伝承薬をつくる特別クラスでの特訓をうけることになる。そんなある日、胆石症の牛の胆嚢からとれる漢方薬のゴオウを求めて、牧場へ行った草多だったが……。

目次

  • 一 嵐の危機
  • 二 Xクラス
  • 三 草多ひらめく
  • 四 遥かなる北の大地
  • 五 草多VS.秀有
  • 六 メル
  • 七 真赤とブランカ
  • 八 真赤の決意
  • 九 正太郎あらわる
  • 十 胸のときめき
  • 十一 『気休め丸』の声
  • 十二 『気休め丸』の作り方?
  • 十三 『気まぐれなんかじゃない』

製品情報

製品名 わからん薬学事始2
著者名 著:まはら 三桃
発売日 2013年04月19日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-218270-6
判型 四六
ページ数 208ページ

著者紹介

著:まはら 三桃(マハラ ミト)

1966年生まれ。
2005年、第42回講談社児童文学新人賞佳作を受賞。著書に『カラフルな闇』、『最強の天使』、『たまごを持つように』 、『鉄のしぶきがはねる』(坪田譲治文学賞)、『鷹のように帆をあげて』。
童話『おとうさんの手』は、2011年読書感想画中央コンクールの指定図書に選ばれる。
福岡県在住。鹿児島児童文学者の会「あしべ」同人。

オンライン書店で見る