四季折々に楽しめる 小さな庭づくり

シキオリオリニタノシメルチイサナニワヅクリ
  • 電子あり
四季折々に楽しめる 小さな庭づくり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 庭やベランダを美しくするために、複数の植物を楽しむといったアドバイスは、あまりされてきませんでした。しかし、草花や植物を上手に組み合わすことができれば、小さなスペースでも素敵な庭になり、一年中花や緑が絶えない空間となります。   そこで本書では、小さなスペースでも、植物を組み合わせて「絵になる」庭にするためのテクニックを伝授します。


 ガーデニングブームやNHK「趣味の園芸」で、植物を育てることは多くの人に広がりましたが、依然、多くの人は植物を点でとらえています。
 NHKの「趣味の園芸」をはじめとして、日本の植物の育て方は、1つの植物をいかに深く知るか、いかにマニアックな楽しみを追求するかといったことが主流になっていました。また、日本の花壇は一年草が中心で、同じ植物を一面に植える傾向がいまでも強い、ということも背景にありました。
 ところが近年は、イングリッシュガーデン的な混植の庭が望まれています。また、一年草よりも、自然な雰囲気の宿根草や雑木の人気が強くなっています。宿根草は一年草に比べて開花期が短かったりするため、同一面に植えることはまずありません。
 しかし、いままで複数の植物を楽しむといったアドバイスがほとんどされず、アドバイスできる人もあまりいませんでした。そのため、1つの植物を育てることはできても、いくつかの植物を面にして、庭をきれいな風景にすることが、日本の庭ではあまりできていません。
 草花や植物を上手に組み合わすことができれば、小さなスペースでも素敵な庭になり、一年中花や緑が絶えない空間となります。
 そこで本書では、小さなスペースでも、植物を組み合わせて「絵になる」庭にするためのテクニックを伝授します。とはいえ、多くの植物を組み合わせるのはプロでもむずかしいので、まずは素人でもかんたんにできる、2つの植物の組み合わせの例などを紹介します。組み合わせのパターンを増やせれば、さらに、3つや4つの植物の組み合わせパターンを使いこなしていけるでしょう

目次

  • 小さなスペースを「絵になる空間」にする7つのヒント
  • まず、2つの植物を合わせてみよう
  • Chapter1 小さなスペースを草花で華やかにしてみようChapter2 玄関前のスペースを飾ってみよう
  • Chapter3 かんたんレイズドベッドで植物にここちよい花壇に
  • Chapter4 コンテナをつかって景色に変化をつけよう
  • Chapter5 半日陰でもすてきな空間になる 
  • Chapter6 小さなスペースで樹木を上手に利用しよう
  • Chapter7 庭でバラを咲かせよう
  • Chapter8 花いっぱいのミニボーダーガーデンをつくってみよう
  • Chapter9 小経は庭のメインストリート
  • Case Study アンティークレンガで表情豊かに
  • 春の庭の花合わせ
  • 初夏の庭の花合わせ
  • 夏の庭の花合わせ
  • 秋の庭の花合わせ
  • 冬の庭の花合わせ
  • 風雅舎流庭の雰囲気がよくなる植物の育て方

製品情報

製品名 四季折々に楽しめる 小さな庭づくり
著者名 著:加地 一雅
発売日 2013年05月14日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-218262-1
判型 B5変型
ページ数 96ページ

著者紹介

著:加地 一雅(カジ カズマサ)

1954年、大阪生まれ。東京農業大学卒業。庭の設計・施工をはじめ、苗や鉢、ガーデンファニチャーなども扱う、「風雅舎(兵庫県)」の代表取締役。ガーデニング講座の講師としても活躍中。ガーデニングブームの火付け役の一人で、日本の気候に合わせた植物を上手に使い、シックな植物配置が得意で、現在でも実力、人気とも高いガーデンデザイナー。
各園芸誌等で活躍するほか、著書の『花の庭を作ってみよう』(1997年、婦人生活社)は、庭づくりのロングセラー。

オンライン書店で見る