講談社の名作絵本 ごんぎつね

絵本
ゴンギツネコウダンシャノメイサクエホン
講談社の名作絵本 ごんぎつね
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いたずら狐のごんは、兵十が川で捕った魚やウナギを逃してしまいます。しばらくして兵十の母親の葬列を見たごんは、そのとき逃がした魚やウナギは、兵十が病気の母親のためにとっていたのだと気づきます。
なんとかおわびをしたいと思う、ごん。けれど、ぬすんだ鰯を兵十の家になげこんで、かえって迷惑をかけてしまいます。ごんは心を入れ替え、自分の力で償いをはじめます。
けれど兵十は毎日届けられる栗や松茸の意味がわからず、神様のおかげだと思い込んでしまいます。
翌日、ごんが家に忍び込んだことに気づいた兵十は、またいたずらに来たのだと思いこみ銃口をむけます……。
「ごん、おまえだったのか。いつも、栗をくれたのは。」というラストは、涙なしには読めません。教科書でもおなじみの新美南吉の名作を、柿本幸造のやわかくあたたかい絵で絵本化。

製品情報

製品名 講談社の名作絵本 ごんぎつね
著者名 作:新美 南吉 絵:柿本 幸造
発売日 2013年01月11日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-218159-4
判型 AB
ページ数 33ページ
初出 著作権者の了解のもと、1991年に刊行した「講談社のおはなし絵本館18 ごんぎつね・赤いろうそくと人魚」に掲載された「ごんぎつね」の原画に再編集をほどこし、新たに単行本として刊行したもの。文章は、大日本図書刊「校定 新美南吉全集」を底本としている。

著者紹介

作:新美 南吉(ニイミ ナンキチ)

1913年愛知県生まれ。童話作家。東京外国語学校卒業。教員などをしながら、童話のほかたくさんの詩や小説を書いた。1943年結核により30歳の若さで亡くなる。代表作に「ごんぎつね」「手袋を買いに」「おぢいさんのランプ」「牛をつないだ椿の木」「花のき村と盗人たち」等がある。

絵:柿本 幸造(カキモト コウゾウ)

1915年広島県生まれ。絵本作家。代表作に「どうぞのいす」(ひさかたチャイルド)「どんくまさんシリーズ」(至光社)、「おかえりくまくん」(佼成出版社)などがある。 『みなと』『おやまのがっこう』ほかで小学館絵画賞受賞。 1998年没

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス