秘録・日韓1兆円資金

ヒロクニッカンイッチョウエンシキン
  • 電子あり
秘録・日韓1兆円資金
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 元韓国大使の回想が明らかにする驚愕の現代史! 1兆円を日本からむしり取った韓国の交渉は、いかに傲岸不遜で、かつ貪欲だったか!? 瀬島龍三、中曾根康弘、竹下登、渡辺美智雄、安倍晋太郎など、現在よりもずっと骨太だった国士たちが、全斗煥政権の異常な圧力を受け止め、外交官たちが必死に国益を守った交渉の舞台裏を全公開――そこでわかることは、韓国民族は必ず、竹島の次は対馬を要求してくるということだ!!


 元韓国大使の回想が明らかにする驚愕の現代史! 
 1兆円を日本からむしり取った韓国の交渉は、いかに傲岸不遜で、かつ貪欲だったか!?
 瀬島龍三、中曾根康弘、竹下登、渡辺美智雄、安倍晋太郎など、現在よりもずっと骨太だった国士たちが、全斗煥政権の異常な圧力を受け止め、外交官たちが必死に国益を守った交渉の舞台裏を全公開――そこでわかることは、韓国民族は必ず、竹島の次は対馬を要求してくるということだ!!

目次

  • 第一章 軍事政権の要求
  • 第二章 韓国の傲岸不遜
  • 第三章 外相たちの「哲学」
  • 第四章 韓国の「克日」
  • 第五章 瀬島龍三と全斗煥
  • 第六章 偽造された親書
  • 第七章 「最終案」の行方
  • 第八章 親日と反日のはざまで
  • 第九章 ニューヨーク会談で見えた薄光
  • 第一〇章 瀬島龍三の裏工作
  • 終 章 終幕――ソウルの初雪

製品情報

製品名 秘録・日韓1兆円資金
著者名 著:小倉 和夫
発売日 2013年01月25日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-218149-5
判型 四六
ページ数 306ページ

著者紹介

著:小倉 和夫(オグラ カズオ)

小倉 和夫(おぐら・かずお)
1938年、東京都に生まれる。1962年、東京大学法学部を卒業したあと、外務省に入省。1964年、ケンブリッジ大学経済学部を卒業。在アメリカ大使館一等書記官、香港総領事館領事、アメリカ局北米第二課長、 アジア局北東アジア課長、OECD代表部参事官、大臣官房審議官(経済局担当)、大臣官房文化交流部長、 経済局長、駐ベトナム大使、外務審議官(経済担当)、駐韓国大使、駐フランス大使(在任中、アンドラ大使、ジブチ大使を併任)などを歴任。2003年から2011まで国際交流基金理事長。2011年、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会評議会事務総長。
著書には、吉田茂賞を受賞した『パリの周恩来』『東西文化摩擦』『グローバリズムへの叛逆―反米主義と市民運動』(以上、中央公論新社)、『日米経済摩擦』(日本経済新聞社)、『アメリカの12の顔』(東洋経済新報社)、『中国の威信 日本の矜持』(中央公論新社)、『吉田茂の自問―敗戦、そして報告書「日本外交の過誤」』(藤原書店)などがある。

オンライン書店で見る