中学生の君におくる哲学

チュウガクセイノキミニオクルテツガク
  • 電子あり
中学生の君におくる哲学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「どうして勉強しなきゃいけないの?」「なぜスカートの丈を短くしたら叱られるの?」「『いじめ』はなくならないの?」「僕らの生きている『世界』って?」「『死ぬ』のはどういうこと?」中学生諸君!テツガクシャ校長が一緒に考えます。


中学生諸君!
哲学者が校長先生になった――。

「決して誰もが14歳を迎えるというわけではないことに思いをいたしながら、
これから14歳を迎える君に、
現に14歳の君に、
そしてかつて14歳だった君に、
本書を捧げる」

哲学者が校長先生として、
さまざまな形で「哲学のはじまり」に立つ君へ贈る、
大切な言葉の集まり。

目次

  • I 中学生になるということ
  • 1章 入学式
  • 補章 若きはゆたかなれ
  • II 中学生の日常
  • 2章 なぜ、勉強しなきゃいけない?
  • 3章 「考える」 
  • 4章 スカート丈の/と自由
  • 5章 死と自由
  • 6章 生命と環境
  • 7章 人にやさしく?
  • 8章 「いじめ」はなくならない?
  • 9章 私って誰?
  • III より深く考える
  • 10章 「世界」が/と「ある」
  • IV 別れと旅立ち
  • 11章 一行の詩を作るためには
  • 12章 時によせて
  • 13章 流れ去る時間と、堆積する時
  • 14章 「力」に向き合う
  • 15章 友情

製品情報

製品名 中学生の君におくる哲学
著者名 著:斎藤 慶典
発売日 2013年01月29日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-218122-8
判型 四六
ページ数 202ページ
初出 執筆にあたって以下の箇所で公表した文章を素材として用い、いずれも本書に収めるにあたって大幅な改定を行ったもの。 『毎日小学生新聞』2011年4月~2012年3月まで毎月1回連載(計12回)、『Dream Navi〔ドリーム・ナビ〕』(編集/発行・四谷大塚)2011年9月号、2012年10月号、『中等部(年鑑)』(編集/発行・慶應義塾中等部)2008年~2012年、『VERITAS(慶應義塾中等部・紀要)』14(2008年)~18(2012年)

著者紹介

著:斎藤 慶典(サイトウ ヨシミチ)

斎藤慶典(さいとう・よしみち 慶應義塾大学教授、哲学者)
1957年横浜生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。同大学院文学研究科博士課程修了。
哲学博士。現在、慶應義塾大学文学部哲学科教授。現象学、西洋近代・現代哲学を専攻。
2007年より2012年まで慶應義塾中等部長を兼任。
著書『「実在」の形而上学』(岩波書店)、『知ること、黙すること、遣り過ごすこと――存在と愛の哲学』(講談社)、『哲学がはじまるとき――思考は何/どこに向かうのか』(ちくま新書)、『デリダ――なぜ「脱-構築」は正義なのか』(NHK出版)、『思考の臨界――超越論的現象学の徹底』(勁草書房)ほか多数。

関連シリーズ

オンライン書店で見る