ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える

ビッグデータノショウタイジョウホウノサンギョウカクメイガセカイノスベテヲカエル
ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

■なぜグーグルは複数の検索語と数式を組み合わせてインフルエンザの流行を予測できるのか■なぜアマゾンは、データによる「お勧め本」システムを採用したのか■なぜ「一人一人のお尻の形」のデータが「金の成る木」に変身するのか■なぜ電子書籍が発達すると「本」「読書」の概念が根本から変わってしまうのか?■なぜ今日の映画産業は、事前に「ヒット作」や「具体的な黒字・赤字」を予想できるのか?答えはすべて本書の中に。


2013年最大のキーワード「ビッグデータ」を初めて本格的に論じたベストセラー、待望の翻訳!!

我々の未来の生活、仕事、意識、すべてが「ビッグデータ」によって大きく変わる。
■なぜグーグルは複数の検索語と数式を組み合わせてインフルエンザの流行を予測できるのか■なぜアマゾンは社内の編集者や書評家をすべてお払い箱にして、データによる「お勧め本」システムを採用したのか■なぜ日本の研究者が集める「一人一人のお尻の形」のデータが「金の成る木」に変身するのか■なぜ「オレンジ色に塗られた中古車は故障が少ない」と判明したのか■なぜ電子書籍が発達すると「本」「読書」の概念が根本から変わってしまうのか?■なぜ今日の映画産業は、クランクインの前から「ヒット作」や「具体的な黒字・赤字」を予想できるのか?■なぜ「これからもっともセクシーで金を稼げる職業」は「データ・サイエンティスト」なのか 

伊藤穰一(MITメディアラボ所長)
「押し寄せる情報の波によって、世の中の捉え方自体が根本から変わろうとしている。この事実をあぶり出すうえで新境地を切り開いたのが、本書『ビッグデータの正体』だ。企業はいかに新たな価値を生み出すことができるのか、人々は物事の認知のあり方をどのように変える必要があるのか――本書は大胆な主張と見事な語り口でその答えをはっきりと示している」     
                
ローレンス・レッシグ(ハーバード大学ロースクール教授、『Free Culture』著者)
「物の見方を大きく変えてしまう本が10年に数冊は登場するが、まさに本書がそれだ。社会はビッグデータがもたらす変化に目を向け始めている。本書はその重要な出発点となる」

目次

  • 第1章 世界を変えるビッグデータ 
  • When Data Speaks データが語り始めるとき 
  • 第2章 第1の変化「すべてのデータを扱う」  
  • 「N=全部」の世界
  • 第3章 第2の変化「精度は重要ではない」  
  • 量は質を凌駕する
  • 第4章 第3の変化「因果から相関の世界へ」 
  • 答えが分かれば、理由は要らない
  • 第5章 データフィケーション  
  • 「すべてのもの」がデータ化され、ビジネスになる時代
  • 第6章 ただのデータに新たな価値が宿る 
  • ビジネスモデルの大変化 その1
  • 第7章 データを上手に利用する企業 
  • ビジネスモデルの大変化 その2
  • 第8章 リスク ビッグデータのマイナス面 
  • 『1984』の悪夢は実現するか
  • 第9章 情報洪水時代のルール 
  • ビッグデータ時代のガバナンスとは
  • 第10章 ビッグデータの未来 
  • ここまで述べてきたことの「まとめ」

製品情報

製品名 ビッグデータの正体 情報の産業革命が世界のすべてを変える
著者名 著:ビクター・マイヤー=ショーンベルガー 著:ケネス・クキエ 訳:斎藤 栄一郎
発売日 2013年05月21日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-218061-0
判型 四六
ページ数 322ページ

著者紹介

著:ビクター・マイヤー=ショーンベルガー(ビクター・マイヤー=ショーンベルガー)

ビクター・マイヤー・ショーンベルガー Victor Mayer-Schonberger
ハーバード大学ケネディスクール(行政大学院)で10年にわたって教鞭を取った後、現在はオックスフォード大学オックスフォード・インターネット研究所教授(専門はインターネットのガバナンスと規制)。ビッグデータ分野の世界的第一人者として知られ、著書も多い。2009年の『Delete: The Virtue of Forgetting in the Digital Age』は、誤ったデータでもネット上には永遠に残ってしまう現状を指摘し、「忘却される権利」という概念を提示。メディア界や法曹界から注目を浴びたほか、『ニューヨークタイムズ』紙や『サイエンス』誌などでも高く評価された。マイクロソフトや世界経済フォーラムなど多数の企業や団体の経営諮問委員を務める。

著:ケネス・クキエ(ケネス・クキエ)

ケネス・クキエ Kenneth Cukier
『ウォール・ストリート・ジャーナル・アジア』の技術担当エディター、『インターナショナル・ヘラルド・トリビューン』などを経て、現在は英『エコノミスト』誌のデータエディター。ビッグデータの最新事情に関するさまざまな記事を手がける。2010年に同誌に掲載したスペシャルレポート「The Data Deluge」(データの洪水)は、一般読者向けとしては初のビッグデータ関連記事となった。2002~2004年、ハーバード大学ケネディスクールの客員研究員。米国のシンクタンクなどで構成される超党派組織、外交問題評議会のメンバーも務め、『フォーリン・アフェアーズ』、『ニューヨークタイムズ』、『フィナンシャルタイムズ』など有力紙誌に寄稿するほか、CNNやBBCなどでレギュラーコメンテーターとしても活躍。

訳:斎藤 栄一郎(サイトウ エイイチロウ)

斎藤栄一郎 Eiichiro Saito
翻訳家・ジャーナリスト。1965年山梨県生まれ。早稲田大学社会科学部卒。主に情報通信やビジネス・経営分野の翻訳に従事。また、ジャーナリストとしてビジネス誌でコミュニケーションや経営の分野の記事を執筆。訳書に『マスタースイッチ 「正しい独裁者」を模索するアメリカ』(飛鳥新社)、『ウェブ・リデザイン サイト更新を成功に導く戦略マニュアル』(MdN)、『世界の楽しいインテリア』、『大人の上質カントリー』、『トリシア・ギルド テキスタイル・パターン』(以上エクスナレッジ)などがある。