梟の系譜 宇喜多四代

文芸(単行本)
フクロウノケイフウキタヨンダイ
梟の系譜 宇喜多四代
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

天文三年、備前・砥石城へ浦上家の重臣・島村宗政の軍勢が押し寄せてきた。守勢は、もう一人の重臣・宇喜多能家。中風を患って戦陣に立てない能家は籠城を諦め、息子・興家と孫の八郎を城から逃がす。親子は備前福岡の豪商の家に身を寄せ、興家は商家の娘を後妻にもらう。やがて父・興家は亡くなり、中国地方の情勢も風雲急を告げる。直家と名を変えた八郎は旧主・浦上宗景に召し出される。梟雄・宇喜多直家の最初の一歩だった。


天文三年(1534年)、備前・砥石城へ浦上家の重臣・島村宗政の軍勢が押し寄せてきた。守勢は、もう一人の重臣・宇喜多能家。一時は主家をしのぐ名声を得た能家であったが、8年前に中風を患い隠居の身となっていた。戦陣にも立てない能家は籠城を諦め、息子・興家と孫の八郎を城から落ち延びさせることを決意する。能家最期の抵抗の間に城を脱出した興家親子の、食うにも事欠く放浪の旅がはじまった。追手を避け一時は旧師の寺を頼り、その後は備前福岡の豪商の家に親子で身を寄せる。能家の敵討と宇喜多家再興を果たせぬうちに、興家は商家の娘を後妻にもらい、義母と折り合いの悪い八郎は商家を飛び出す。近くの寺で過ごすうちに月日が流れる。父・興家は商家で亡くなり、毛利氏や尼子氏の跋扈する中国地方の情勢も風雲急を告げ、直家と名を変えた八郎は旧主・浦上宗景に召し出される。梟雄・宇喜多直家が踏み出した最初の一歩だった。

目次

  • 第一章 流転
  • 第二章 雌伏
  • 第三章 飛翔
  • 第四章 西方の敵
  • 第五章 輝星の宴
  • 第六章 継承の末
  • 終章

製品情報

製品名 梟の系譜 宇喜多四代
著者名 著:上田 秀人
発売日 2012年11月17日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-218036-8
判型 四六変型
ページ数 354ページ
初出 『KENZAN!』vol.15(2011年7月)、『小説現代』2012年1・4・8月号掲載「梟の系譜」を改題