クックパッド社員の名刺の秘密

クックパッドシャインノメイシノヒミツ
クックパッド社員の名刺の秘密
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

クックパッドは、料理レシピの投稿・検索サービスとして1998年に誕生、現在の投稿レシピ数は130万を超え、20~30代の女性を中心に月間2,000万人が利用。料理をしている最中や外出先、店頭からも利用し易い「献立意志決定メディア」として、ライフスタイルに密着したサービスを運営している。本書は、たった一枚の名刺が社員の力を引き出す「クックパッド」ならではのゼロ・ベース・シンキング経営の実戦書である。


クックパッドは、料理レシピの投稿・検索サービスとして1998年に誕生、現在の投稿レシピ数は130万を超え、20~30代の女性を中心に月間2,000万人が利用。料理をしている最中や外出先、店頭からも利用し易い「献立意志決定メディア」として、ライフスタイルに密着したサービスを運営している。本書は、たった一枚の名刺が社員の力を引き出す「クックパッド」ならではのゼロ・ベース・シンキング経営の秘密を解き明かす異色のビジネス書である。

目次

  • プロローグ 仕事を通じて「家族」が幸せになる
  • 1 「まかない」も作れるオフィス環境
  • 2 生き方まで「会社まかせ」にしない
  • 3 社員が「本気」で支持する経営理念
  • 4 プログラムは「客目線」で組む
  • 5 「時刻表・地図」の次に売れなくなるのは?
  • 6 「問題解決」こそやりがい
  • 7 レシピ製作は「作家的」な仕事である
  • 8 「ゼロベース・シンキング」のすすめ
  • 9 「ガパオ」がおふくろの味になる
  • 10 「3秒」でわからないサービスは失格
  • 11 「シンプル」に勝るデザインはない
  • 12 名刺のレシピで「自分」が出せる
  • 13 人事はくじ引きでもかまわない
  • 14 ユーザーと広告の「明るいコラボ」
  • 15 「利益率50%」を生む技術とサービス
  • 16 バックヤードの主役は「ネット男子」
  • 17 ネットの目的は「リアルな充実」
  • 18 クックパッドは「民主主義」である
  • 19 量はいつしか「質」に転化する
  • エピローグ 料理ほど「笑顔」になれる営みはない

製品情報

製品名 クックパッド社員の名刺の秘密
著者名 著:横川 潤
発売日 2013年01月30日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-217984-3
判型 A5変型
ページ数 128ページ

著者紹介

著:横川 潤(ヨコカワ ジュン)

横川潤
1962年生まれ。文教大学国際学部准教授。慶応大学大学院商学研究科修士課程で村田昭治教授よりマーケティングの薫陶を受け、ニューヨーク大学大学院でMBA取得。アメリカのレストランガイド「ザガットサーベイ」を翻訳し、日本に初めて紹介した。著書に「東京イタリアン誘惑50店」(講談社)
「美味しくってブラボー」(新潮社)「錯覚の外食産業」(商業界)ほか。