人生が変わる 愛と性の哲学

ジンセイガカワルアイトセイノテツガク
  • 電子あり
人生が変わる 愛と性の哲学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

愛とは何か、正しく愛するとはどういうことかという「謎」について、論考する。恋愛、友愛、家族愛、ペットへの愛、国への愛、地球への愛……。さらに、愛が人間にとって不可欠の営みであることから、必然的に「性」と「犯罪」といった問題が絡んでくる。狂おしいほどの恋愛、涙を誘う家族愛、倒錯的な性行為、そして殺人。本書はそんな愛の謎を解くミステリーである。


愛について哲学する本。
愛とは何か、正しく愛するとはどういうことかという「謎」について、論考する。
恋愛、友愛、家族愛、ペットへの愛、国への愛、地球への愛……。
さらに、愛が人間にとって不可欠の営みであることから、必然的に「性」と「犯罪」といった問題が絡んでくる。愛することが身体を巻き込むがゆえに、一般的にはオープンな話題とならない性についても論じる必要が出てくる。
狂おしいほどの恋愛、涙を誘う家族愛、倒錯的な性行為、そして殺人。
本書はそんな愛の謎を解くミステリーである。

目次

  • 第1章 三つの愛
  •  エロース―「恋は自己愛なのですか?」
  •  フィリア―「友情は愛情なのですか?」
  •  アガペー―「自分より他人を愛することができるか?」
  • 第2章 恋愛
  •  プラトニック・ラブ―「愛のないセックス」
  •  同性愛―「同性を愛するのは異常ですか?」
  •  不倫―「どうして不倫はいけないんですか?」
  • 第3章 友愛
  •  友情と恋の境目―「友達以上恋人未満って何ですか?」
  •  愛と正義―「人助けは愛なのですか?」
  • 第4章 家族愛
  •  家族の絆―「なぜ家族のことを愛憎するのですか?」
  •  DV―「なぜ家族に暴力をふるってしまうのですか?」
  •  愛と死別―「どうすれば家族との死別から立ち直れるか?」
  • 第5章 愛と幸福の関係
  •  愛と幸福―「愛がなくても幸せでいられますか?」
  •  愛と努力―「どうしたら愛を得られますか?」
  •  アニメへの愛―「人間を愛さなくてもいいですか?」
  • 第6章 愛と憎しみの関係
  •  愛と暴力―「愛するがゆえに暴力をふるうことはあるか?」
  •  愛と殺人―「安楽死は愛なのですか?」
  •  ストーカー―「ストーカーはなぜ嫌がらせをするのですか?」
  • 第7章 愛国心と人類愛
  •  愛と国家―「どうして国対抗のサッカーは燃えるか?」
  •  愛と宗教―「どうして宗教同士けんかをするのですか?」
  • 第8章 哲学者たちの恋愛
  •  サルトル―「なぜ結婚しなかったのか?」
  •  キルケゴール―「なぜ婚約破棄したのか?」
  •  ハイデガー―「不倫は許されるのか?」
  •  フーコー―「同性愛は思想と関係があるのか?」

製品情報

製品名 人生が変わる 愛と性の哲学
著者名 著:小川 仁志
発売日 2012年09月22日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-217954-6
判型 新書
ページ数 226ページ

著者紹介

著:小川 仁志(オガワ ヒトシ)

1970年、京都府生まれ。哲学者。専門はヘーゲルおよび政治哲学。京都大学法学部卒業。伊藤忠商事入社。その後、司法試験に失敗、名古屋市役所に入庁する。市役所に勤務しながら名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士号(人間文化)取得。現在、徳山工業高等専門学校准教授、哲学カフェ主宰。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。

オンライン書店で見る