スリジエセンター1991

文芸(単行本)
スリジエセンターイチキュウキュウイチ
スリジエセンター1991
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

天才外科医による「革命」の行方は? 

“招かれざる異端児”を襲うアクシデントと張り巡らされた陰謀――。
メディカル・エンターテインメントの真骨頂!   

「ブラックペアン」シリーズ、ついに完結!! 

手術を受けたいなら全財産の半分を差し出せと放言する天才外科医・天城は、東城大学医学部でのスリジエ・ハートセンター設立資金捻出のため、ウエスギ・モーターズ会長の公開手術を目論む。だが、佐伯教授の急進的な病院改革を危惧する者たちが抵抗勢力として動き始めた。桜宮に永遠に咲き続ける「さくら」を植えるという天城と世良の夢の行く末は?

海堂作品最高の「衝撃と感動」!

製品情報

製品名 スリジエセンター1991
著者名 著:海堂 尊
発売日 2012年10月25日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-217953-9
判型 四六
ページ数 418ページ
初出 『週刊現代』2011年6月11日号~2012年8月18・25日号。単行本化にあたり改稿。

著者紹介

著:海堂 尊(カイドウ タケル)

1961年、千葉県生まれ。第4回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した『チーム・バチスタの栄光』で、2006年にデビュー。2008年に『死因不明社会』で、第3回科学ジャーナリスト賞受賞。近著には『ブレイズメス1990』、『極北ラプソディ』、『玉村警部補の災難』、『ケルベロスの肖像』などがある。現在、独立行政法人放射線医学総合研究所重粒子医科学センター・Ai情報研究室室長。