郷愁と童心の詩人 野口雨情伝

キョウシュウトドウシンノシジンノグチウジョウデン
郷愁と童心の詩人 野口雨情伝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「青い眼の人形」、[赤い靴]、「しゃぼん玉」、「十五夜お月さん」、「七つの子」などの童謡から、「波浮の港」、「船頭小唄」などの歌謡曲、民謡など、多くの歌を作詞した野口雨情は今年生誕130年を迎えます。本書はこれを記念して出版する企画です。
今、この時期も歌い継がれ、特に失われつつある日本の懐かしい風景や、叙情あふれる言葉が、われわれを癒してくれます。
本書は、明治・大正・昭和を通した偉大な作詞家の評伝というよりは、詩作の原点になった人生の彷徨や出来事、そして数多くの歌の誕生秘話を、孫ならではの知りえた豊富なエピソードを織り込みながら綴ってもらいます。
これらの文章を増幅させるために、10年まえにキングレコードより発売した、雨情生誕120年記念CDから、本書の流れに沿った曲をピックアップして付け、記念出版ふさわしいCDブックとします。

目次

  • 第一章 ふるさと磯原と東日本大震災
  • 第二章 野口家の人々―水戸光圀公と「観海亭」
  • 第三章 学生時代と結婚―東京専門学校と坪内逍遥の教え
  • 第四章 樺太行の謎・北海道時代―石川啄木雨情
  • 第五章 苦悩と開花への胎動―「船頭小唄―枯れすすき物語」
  • 第六章 童謡・新民謡への展開―「金の船」=「金の星」
  • 第七章   雨情との交わり―西条八十、菊池寛、瀬戸内寂聴
  • 第八章   晩年
  • CD20曲歌詞 野口雨情年譜

製品情報

製品名 郷愁と童心の詩人 野口雨情伝
著者名 著:野口 不二子
発売日 2012年11月09日
価格 価格 : 本体2,762円(税別)
ISBN 978-4-06-217924-9
判型 四六変型
ページ数 226ページ

著者紹介

著:野口 不二子(ノグチ フジコ)

1943年茨城県磯原町に野口雨情の孫として生まれる。野口雨情生家・記念館を設立し、館長に就任。多くの人々に雨情の残した大きな業績と、その波乱に満ちた生涯を紹介している。茨城県北生涯学習センター長

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス