本間チョースケが独断と偏見で選ぶイタリア安旨ワイン203連発!

講談社の実用書
ホンマチョースケガドクダントヘンケンデエラブイタリアヤスウマワインニヒャクサンレンパツ
  • 電子あり
本間チョースケが独断と偏見で選ぶイタリア安旨ワイン203連発!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

コミック『神の雫』のイタリアの怪人こと本間チョースケが、「百聞は一飲にしかず」精神を徹底実践!
飲みに飲んで、選びに選んだイタリアワインが、この203本。
近年、イタリアワインの品質向上は目覚しく、コストパフォーマンスの面で、フランスやカリフォルニアをはるかにしのぐ存在となっている。
しかし、DOCG、DOC、IGTなどの複雑さや、同じDOCでも造り手による質のバラツキが著しいなど、いざ選ぼうとなると、なかなかに難しい。
本書は、そんなお困りイタリアワインを解きほぐし、これを買えば間違いなし! というもののみを紹介。
百聞は一飲にしかず。飲んでみてください!

目次

  • まえがき
  • 第1章 ヴィーノ・オッティモ(最高のワイン)20連発
  •      チョースケのイチオシ。飲まずに死ぬなよ!
  • 第2章 ヴィーノ・ファンタスティーコ(素晴らしいワイン)47連発
  •      すんばらし~。旨い、旨いよぉ!
  • 第3章 クアリタ・エ・プレッツォ(これぞ安旨)40連発
  •      最高のコスパ。こんなに安くていいのか!?
  • 第4章 ヴィーノ・ロカーレ・ティピコ(土地の典型ワイン)40連発
  •      土地と品種を絶品表現。これぞ地ワインだ!
  • 第5章 ヴィーノ・モデルノ(今風ワイン)19連発
  •      モダン派だぜい。現代イタリアの実力ってこうよ!
  • 第6章 ヴィーノ・ナトゥラリスティコ(自然派ワイン)18連発
  •      ビオだよビオ! フゥ~ン、愉楽脱力~
  • 第7章 ブオーノ・ディゼーニョ(グッドデザイン)16連発
  •      瓶もラベルも悶絶ユニーク! ここは意匠の国なのだ
  • 番外編 イタリアを飛び出した銘醸家たち
  •      サッシカイア、マァジ、ロドヴィゴ・アンティノリ
  • コラム ワイン天国イタリア
  •      『神の雫』と本間長介
  •      イタリアワインの選び方について一言
  •       その1 格付けの上下に惑わされるな!
  •       その2 セカンドワインを狙え!
  • あとがき

製品情報

製品名 本間チョースケが独断と偏見で選ぶイタリア安旨ワイン203連発!
著者名 著:本間 チョースケ
発売日 2012年07月20日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-217781-8
判型 四六変型
ページ数 242ページ

著者紹介

著:本間 チョースケ(ホンマ チョースケ)

某百貨店から、ワイン輸入会社へ華麗に転身。イタリアの食と文化にハマりつつ、イタリア、フランスから、チリ、アルゼンチンまで旨いワインを求めて飛び回る。座右の銘は「百聞は一飲にしかず」。コミック『神の雫』の本間長介のモデルである。

オンライン書店で見る