未来の食卓 2035年 グルメの旅

ミライノショクタクニセンサンジュウゴネングルメノタビ
未来の食卓 2035年 グルメの旅
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「スギ(魚)」「赤チコリ」「試験管肉」・・・・・・
「2035年のメニューはどんな感じになっているか」
ある日、ふとそんな疑問が生じたライターが、
全米の食材市場、食関係者に取材を重ね、
いくつかの興味深い結論にたどりついた。
それは・・・・・・

とかく批判されがちな「遺伝子組み換え食品」については
一定の理解を示し、「飢餓で苦しむ人々を救う希望になるかもしれない」と、一定の理解を示しているのも本書の特徴。

目次

  • プロローグ 二〇三五年のガストロパブ
  • 第1部 きっかけ
  • 1 「第二のサーモン」と袋詰めサラダ
  • 第2部 サラダ
  • 2 世界のサラダボウルのなかへ
  • 3 赤チコリに人生を賭ける男たち
  • 4 アリス・ウォーターズの農場
  • 5 遺伝子組み換え食品の可能性
  • 第3部 肉
  • 6 食肉 ウサギと疑似肉の可能性
  • 7 試験管肉のハンバーガー
  • 8 肉の栽培者たちを尋ねて
  • 第4部 魚
  • 9 第二のサーモンはどこにいる?
  • 10 魚介類のスーパーボウル
  • 11 聖ペテロの魚
  • 12 スギの夢を見るティラピア王
  • 13 ハーヴァード大医学部教授から養殖業に転身した男
  • 14 海産食品革命は屋内で起こる
  • 第5部 エスニック
  • 15 デッドヘッドと第二のパッタイ
  • 16 フード・フューチャリスト
  • 17 食の最後の開拓前線
  • 第6部 食べ物の終焉
  • 18 代謝優勢を実現する
  • 19 ナノ万能薬
  • 結論 完璧な食事
  • 特別付録 未来の食卓 レシピ集

製品情報

製品名 未来の食卓 2035年 グルメの旅
著者名 著:ジョシュ・シェーンヴァルド 訳:宇丹 貴代実
発売日 2013年08月07日
価格 定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-217756-6
判型 四六
ページ数 386ページ

著者紹介

著:ジョシュ・シェーンヴァルド(ジョシュ・シェーンヴァルド)

Josh Schonwald ジョシュ・シェーンヴァルド
シカゴを本拠に活動するジャーナリスト。コロンビア大学ジャーナリズム大学院を卒業後、ニューヨーク・タイムズ紙、ワシントン・ポスト紙、ウォール・ストリート・ジャーナル紙等に寄稿。高い評価を得ている。
本書が初の著書。

訳:宇丹 貴代実(ウタン キヨミ)

宇丹貴代実(うたん・きよみ)
1963年、広島県生まれ。上智大学卒業。英米文学翻訳家。おもな訳書に、エリック・シュローサー『おいしいハンバーガーのこわい話』(草思社)、スティーヴ・トルツ『ぼくを創るすべての要素のほんの一部』(武田ランダムハウスジャパン)、スーザン・バリー『視覚はよみがえる』(筑摩選書)、リジー・コリンガム『戦争と飢餓』(河出書房新社)など。