世の中への扉 東京スカイツリーの秘密

ヨノナカヘノトビラトウキョウスカイツリーノヒミツ
世の中への扉 東京スカイツリーの秘密
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2012年5月22日に開業する東京スカイツリー。自立式電波塔としては世界一の高さ634(ムサシ=武蔵)メートルを誇る、東京の新名所です。建設中の今も、見物客が毎日押し寄せ、日本中から熱い視線を浴びています。
その建設には、“初めて”“未知”という言葉がつきまといます。施主、設計、施工、それぞれの現場を持つおとなたちが、どんな苦しみと楽しみのなかで、最難関である仕事にチャレンジしているのか? 日本の伝統工法と、最新の建築技術と建材、そして大勢の人々のこころが合わさって、100年に一度のプロジェクトはどう完成へと向かうのか? そのようすを、現場を担当する何人ものおとなたちに取材を重ね、子どもに向けたノンフィクションとしてまとめます。
スカイツリーの完成がもっともっと待ち遠しくなる、驚きと感動、エピソードがぎゅっと詰まった1冊です。

目次

  • 1章 下町に東京スカイツリーがやってきた!
  • 2章 タワーを夢見るおとなたち
  • 3章 イメージを紙に描く
  • 4章 スカイツリーを支える鉄骨たち
  • 5章 いざ建設工事へ!
  • 6章 高所――未知の領域へ
  • 7章 光のマジック
  • 8章 いよいよ完成へ

製品情報

製品名 世の中への扉 東京スカイツリーの秘密
著者名 著:瀧井 宏臣
発売日 2012年04月26日
価格 定価 : 本体1,200円(税別)
ISBN 978-4-06-217556-2
判型 四六
ページ数 186ページ
シリーズ 世の中への扉

著者紹介

著:瀧井 宏臣(タキイ ヒロオミ)

(たきい・ひろおみ)
ルポライター。1958年 東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。
NHK社会部記者、国際協力活動を経て、文明と人間をテーマに取材活動と社会活動を展開している。
息子がアトピーを患ったのをきっかけに、子どもの生活や育ちについても問題提起し続けている。子どもの生活改善を進める異分野ユニット「カッサンドラの会」発起人のひとり。
著書は、『パパがママになっちゃった』『こどもたちのライフハザード』『食卓に毒菜がやってきた』『農のある人生』など多数。

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス