〈癒し〉のダンス  「変容した意識」のフィールドワーク

イヤシノダンスヘンヨウシタイシキノフィールドワーク
〈癒し〉のダンス  「変容した意識」のフィールドワーク
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ボツワナのカラハリ砂漠に住むクンの人々とともに生活し、踊り、調査した稀有な記録!
交感、共鳴、癒し……
「本当の人間」の内なる「沸騰するエネルギー」とは!?

クン人のダンスにおいて、重要なのは、誰でもが、このダンスを踊り、そのうちの約四分の三が変性意識状態を体験すること、そして、それを描き出す、とても精密な表現を作り出してきたことだ。変性意識状態、とくに、意識が体から離脱する状態を、クンの人々は「キア」と呼ぶ。現代社会に住む私たちにとって、とても興味深いのは、クンの人々が、この「キア」を、人間の条件だと考えていることだ。……癒しのダンスは、物真似で踊る子供たち、それを批評する大人の言葉や笑い声とともに始まり、夜がふけるとともに、深まり、熱気を帯びていく。――「訳者解説」より

製品情報

製品名 〈癒し〉のダンス  「変容した意識」のフィールドワーク
著者名 著:リチャード・カッツ 訳:永沢 哲 訳:田野尻 哲郎 訳:稲葉 大輔
発売日 2012年05月11日
価格 定価 : 本体2,800円(税別)
ISBN 978-4-06-217553-1
判型 四六
ページ数 456ページ