宇宙って面白いの?

ウチュウッテオモシロイノ
宇宙って面白いの?
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

7月15日から星出彰彦氏、長期宇宙滞在へ!

本書は、中学・高校の同級生である作家と宇宙飛行士の対話を通じて、「宇宙」の魅力を改めて問い直すものです。

作家である岩崎氏は現代日本人の感性を代表して、「私たちにとって、本当に『宇宙』は必要なのか? 多くの日本人の大人は、『はやぶさ』の浪花節的な物語には共鳴しても、本当は宇宙にまったく興味を持っていない。夜空もたまにしか見上げない。現状では、みんな口に出して『宇宙は別にいいよ』みたいには言えない雰囲気になっている」という疑念を表明します。

それに対し、現役宇宙飛行士の星出氏は「なぜ自分が宇宙を志したか」「宇宙をどんなフロンティアとして考えているか」を語ります。そして、チームの一員として「宇宙に携わる仕事の魅力」を示します。

そこで「もしドラ」の著者でもある岩崎氏は、「仕事をするチーム」としてのJAXAの取材に着手。JAXAのトップから裏方、名物職員に「宇宙の魅力」「宇宙をどうマネジメントするのか」尋ねていきます。

JAXAの人々の面白さにけっこう驚いてしまった岩崎氏は、再度星出氏と母校・茗渓学園で対面。4ヵ月半の長期宇宙ステーション滞在を目前にした星出氏と、より突っ込んだ形で「宇宙に人間が行くこと」について語り合い、一般人に伝わる「宇宙に興味を持つこと」の本質を考えていきます。

目次

  • プロローグ「ぼくは宇宙に興味がない」
  • ●第1部「星出くん、宇宙飛行士ってどうなの?」
  • ――岩崎vs.星出の対話、第1回
  • ・いかにして今の「仕事」についたのか
  • ・宇宙飛行というミッションのマネジメントについて
  • ・宇宙はロマンの対象なのか、仕事の対象なのか
  • ・宇宙にいる、というのはどういう感覚なのか
  • 「ぼくも世間の人も、正直言って宇宙に興味がないんだけど」(岩崎)
  • 「僕は宇宙飛行士だけど、チームの一員なんだ」(星出)
  • →ならばチームのみんなに聞いてみよう!
  • ●第2部「JAXAさん、宇宙の仕事ってどうなの?」
  • ――岩崎夏海のJAXA取材記録
  • ・トップに「誰がヒエラルキーのトップなのですか?」
  • ・裏方に「宇宙飛行士がうらやましくなりませんか?」
  • ・名物職員に「素人に宇宙の魅力をどう伝えていますか?」
  • →なるほど、宇宙飛行士との距離が縮まった気がする!
  • ●第3部「岩崎さん、宇宙って面白いでしょ!」
  • ――岩崎vs.星出の対話、第1回
  • ・「地に足をつけていない人間」のワクワク感とは?
  • ・宇宙でビールって飲めるの?
  • ・僕らはどこまで先に行けるの?
  • エピローグ「面白いってこういうことか」

製品情報

製品名 宇宙って面白いの?
著者名 著:岩崎 夏海 著:星出 彰彦
発売日 2012年07月13日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-217533-3
判型 四六
ページ数 242ページ

著者紹介

著:岩崎 夏海(イワサキ ナツミ)

(いわさき・なつみ、作家)
1968年生まれ。東京藝術大学美術学部建築科卒業。
大学卒業後、作詞家の秋元康に師事。放送作家として「とんねるずのみなさんのおかげです」「ダウンタウンのごっつええ感じ」等のテレビ番組制作に参加。アイドルグループ「AKB48」のプロデュース等にも携わる。その後、ウェブコンテンツ開発会社を経て、現在は作家として(株)吉田正樹事務所に所属。
著書『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』『エースの系譜』『チャボとウサギの事件』ほか。

著:星出 彰彦(ホシデ アキヒコ)

(ほしで・あきひこ、JAXA宇宙飛行士)
JAXA有人宇宙環境利用ミッション本部 宇宙飛行士運用技術部所属。
1968年生まれ。慶應義塾大学理工学部機械工学科卒業。
1999年NASDA(現JAXA)より、ISS(国際宇宙ステーション)に搭乗する日本人宇宙飛行士の候補者として選抜。
2001年宇宙飛行士として認定。
2008年スペースシャトル「ディスカバリー号」に搭乗し、ISSでの作業に従事。
2012年7月15日より、約4ヵ月のISS第32次/第33次長期滞在搭乗。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス