美しき一日の終わり

文芸(単行本)
ウツクシキイチジツノオワリ
美しき一日の終わり
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ある日父が弟を連れてきた。父が愛人に生ませた少年は秋雨と名乗り、美妙より八つ年下の異母弟である。実母を失くしてから希望を捨て孤独をつらぬく秋雨と、彼への思いを心の奥底に秘め生きてゆく美妙。二人は、住む人の無いかつて暮らした家で、会うことを決めていた。二人は庭を眺め、過去に思いをめぐらし、互いの来し方を語り合う。悲しいまでにひたむきに生きた男と、忍ぶ思いを持ち続けた女のすべてを、この一日に。


年老いて、なおつのる思い。五十余年の純愛が実を結ぶ一日(いちじつ)。

生涯を貫くひたむきで強い思いを端正に綴った、至極の恋愛長編小説

ある日、父が家に連れてきた少年は秋雨(しゅうう)と名乗り、美妙(びみょう)より七つ年下の異母弟であった。それから五十余年、互いへの思いを心の奥底に秘め、それぞれの人生を歩んだ二人は、取り壊しの決まった、古い家で再会する。ともに暮らした幼い日々をなつかしみながら、長い歳月を慈しむように来し方を語り始めた。生涯のすべてを一日に込めて、至高の愛の姿を描く恋愛長編小説の新境地。

目次

  • 一 霧の香 ─きりのか─
  • 二 光清けし ─ひかりさやけし─
  • 三 色なき風 ─いろなきかぜ─
  • 四 天、泣す ─てん、きゅうす─
  • 五 浮き雲 ─うきくも─
  • 六 夕紅 ─ゆうくれない─
  • 七 空火照 ─そらほでり─
  • 八 月夜影 ─つきよかげ─

製品情報

製品名 美しき一日の終わり
著者名 著:有吉 玉青
発売日 2012年04月07日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-217512-8
判型 四六
ページ数 354ページ
初出 『小説現代』2010年9月号、11月号、2011年1月号、3月号、5月号、7月号、9月号、11月号