沙漠に日が落ちて─二村定一伝

サバクニヒガオチテフタムラテイイチデン
沙漠に日が落ちて─二村定一伝
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 昭和のはじめ、二村定一という歌手にして芸人がいました。当時は飛ぶ鳥を落とす勢いで彼を知らない人はいませんでした。エノケンこと榎本健一を凌駕する人気であったといって過言ではありません。たとえば「君恋し」(♪宵闇迫れば 悩みは果てなし)はフランク永井の昭和30年代の歌謡曲と思ったら大間違い(もっとも、いまジェロが歌っていますが)、もともとは二村定一が昭和4年に歌って大ヒットした歌です。いまでもある世代より上の人々は、彼のレパートリーだった ♪俺は村中で一番、モボだといわれた男(「洒落男」)や♪沙漠に日が落ちて夜となるころ(「アラビアの唄」)などの舶来流行歌を懐かしく思い出すことでしょう。色川武大のエッセイにその風貌がわずかに偲ばれます。
 ただ、二村はこの時代の享楽と頽廃の申し子でありすぎました。その後軍国化する日本で彼の居場所はどんどん狭まり、生活は荒れてやがて舞台から消えてゆきます。
 一時代を築いた芸人や歌手が忘れ去られてゆくのは仕方のない宿命です。しかし、彼は21世紀らしい手段で不死鳥のように甦りました。2007年11月、関西の人気テレビ番組「探偵ナイトスクープ」で、「90歳の祖母が口ずさむ奇妙な歌の正体を知りたい」という依頼が取り上げられました。その正体は昭和7年に二村定一が歌った〈百萬円〉という唄でした。この番組によって〈百萬円〉のエロ・グロ・ナンセンスそのものの歌詞もさることながら、忘却の海に沈んでいた二村定一という歌手が一気に浮上してきたのです。いま、ウェブ上で二村を熱く語る若年層がどれほど多いか、携帯電話の着メロまで作られたという事実を知ったら、オールド・ファンは驚愕することでしょう。
 戦後すっかり定着してしまった観のある戦前=軍靴の響きといういかつい概念。それを本書では揺さぶってやろうと思います。このうえなく軽佻浮薄でエロ歌手の代表格と目された二村定一が、硬直した文化史の読み直しを迫ってくるさまは読者に新しくも根底的な視角を提供するはずです。また、詳細な年譜、ディスコグラフィーも必読です。

目次

  •   はじめに
  •  第一章 生まれながらの伊達男
  •    1 壇ノ浦の天才少年
  •    2 大阪へ
  •    3 僕は歌劇で身をたてたいから
  •  第二章 浅草オペラにあこがれて
  •    1 コーラスボーイ
  •    2 震災前後
  •    3 佐々紅華の敷いたレール
  •  第三章 ジャズ・エイジの寵児
  •    1 〈アラビア〉の唄
  •    2 ジャズシンガーになる
  •    3 〈君恋し〉の大ヒット
  •  第四章 エノケンと ベーちゃん
  •    1 「カジノ・フォーリー」から「プペ・ダンサント」へ
  •    2 才能全開
  •    3 無邪気ないゝ人、いゝ人だけど
  •  第五章 早すぎる死
  •    1 深まる屈託
  •    2 流れ流れて
  •    3 昭和二十三年九月十二日
  •  むすびに
  •  年譜
  •  ディスコグラフィー

製品情報

製品名 沙漠に日が落ちて─二村定一伝
著者名 著:毛利 眞人
発売日 2012年01月27日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-217391-9
判型 四六
ページ数 274ページ

著者紹介

著:毛利 眞人(モウリ マサト)

(もうり・まさと)
音楽ライター。1972年、岐阜県郡上八幡生まれ。高校時代より地元紙にコラムを寄稿。大阪芸術大学中退後、中古レコード店勤務を経てライターとなる。戦前昭和のクラシックと軽音楽にたいする造詣は深く、なかでも貴志康一と二村定一の研究では余人の追随を許さない。2001年より10年間、NHK関西発ラジオ深夜便で「懐かしのSP盤コーナー」を担当。そのほか、コロムビア、ビクター、テイチク、キングの4大レーベルからリリースされたCD「ニッポン・モダンタイムス」シリーズの企画・選曲・解説に加わるなど、復刻CDの原盤提供、データ監修などを積極的におこなっている。著書に『貴志康一─永遠の青年音楽家』(国書刊行会)、『ニッポン・スウィングタイム』(講談社)がある。

関連シリーズ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス